« 生命場 | トップページ | 勉強会 »

2006.08.06

ストレス

【mixi日記より~】

0608061





日曜日の大宮は静かです。 
ウチのお店はまわりに居酒屋さんや呑み屋さんが
たくさんあるので、月~金はとても賑やかです。
それはそれでいいことなんですが、
週1くらいこんな日があっても
落ち着いてていいかなと思います。 
 
今日、昼から来られたお客様、
結構ご高齢の方なのですが、
まだ仕事をされていて
わりと大きな組織の責任のある立場の方。
 
週1回ペースで来ていただけるんですが、
不調の箇所は中々改善されません。
 
性格や体質にもよりますが、
ストレスの多い方はやはり
足裏の反射区にあらわれる反応も多くなります。
 
 
そして現代人の不調や病気の多くは
このストレスからきていると言っても過言ではありません。
 
ストレスを受けた状態では人間の体の中がどうなるか例えると、
森の中でトラに出くわした状態を想像してみてください。
 
目の前の敵と闘うか、全力疾走で走って逃げるか、
『闘争か逃走』
という選択を余儀なくされ、
 
 ・ダイナミックな動きができるよう
  心臓に全身の血液が集められます。
 
 ・ドキドキと拍動が早くなり
  たくさんの酸素が必要となるので呼吸も早なります。
 
 ・その逆に心臓から離れた抹消血管
  収縮して血流が悪くなります。
 
 ・そしてそんな状況で、何か物を食べたり
  SEXをしたりということはできないので、
  食欲、性欲、睡眠欲などが減退します。
 
 ・そしてエネルギーとして肝臓にたくわえられている
  大量の糖を血液中に放出します。・・・
  
実際にトラであれば闘うか逃げるかで
体の変化の解消はできるのですが、
現代人のトラはうるさい上司や嫌な客であったりします。

ぶん殴るわけにも走って逃げるわけにもいかず、
エネルギーを発散できずにどんどん心臓や血管や
その他の器官に負担がかかる原因となります。
 
 
ストレスを全く受けないということは非常に難しいので
このストレスをいかにして解消するかが問題となってきます。
  

今日のお客様にもこういうお話をして差し上げ、
お仕事の話でも解決案など提案しているのですが、
やはり性格というものはそう簡単に変えれるものではないですね。
  
また来週、足裏をゴリゴリにしておいでになるかと思います。

« 生命場 | トップページ | 勉強会 »

リフレクソロジー」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレス:

« 生命場 | トップページ | 勉強会 »