« リース報告 | トップページ | 足の話2 »

2006.12.06

またですか・・・

  06120610612062




■イラン制裁「安保理決議」修正案、
 6か国が高官協議へ
    (読売新聞 - 12月05日 22:51)


どうしてこうもブッシュは戦争好きなんですかねぇ。

結局イラク戦争も、石油の利権を求めた侵略戦争だったし、
その失敗を認めた舌の根も乾かぬうちに次のターゲットに・・・

また多くの戦争被害者を出すつもりでしょうか?

日本はどういう態度をとるんでしょうね。
またいじめっ子の親玉(アメリカ)に言いなりになって、
いじめのための莫大な資金提供と
防衛庁から防衛省に『格上げ』
となった自衛隊員を派遣するんでしょうか?


いったい平和や正義、真実はどこにあるんでしょうね?


イラン核問題についての記事解説
http://tanakanews.com/g0207iran.htm

-----------------------------------

ミッシェルさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=285072412&owner_id=5766188

世界の先進国は本当に何にお金を使うべきか考えなければ。
そして希望を捨ててはいけない。

【Can't you see what our love has done?】
 
06120630612064


それは静かに始まっていた。

アフリカの国エチオピアに、
社会主義政権が誕生した1970代には、
すでに、この国に、
旱魃(かんばつ)の被害が広がっていた。


だが、世界は、
そこに住む人々のことを、
ほとんど誰も気にかけることはなかった。


そして、1984年、
エチオピアは地獄となった。


欧米のメディアが、この状況を訴え始めた頃には、
すでに700万人の飢えに苦しむ人々、
そして100万人もの人々が死んでいた。


それでも、政治的理由から、
欧米の先進諸国は、
エチオピアに対し何もしないままだった。


だが、誰もが無視したわけではなかった。
政治を超え、一般の人々が声をあげ始めた。


そして、世界のポップスターたちが立ち上がった。



1985年夏、
ミュージシャン、ボブ・ゲルドフの呼びかけで、
世界中のアーティストが結集し、
史上最大のチャリティイベント
「ライブエイド」が開催された。



イギリス
ロンドンの会場、72,000人、
アメリカ
フィラデルフィアの会場、90,000人の観客をはじめ
シドニー、モスクワなど
世界各地で同時コンサートが開催され、
映像は世界100カ国以上に放映され、
全世界で15億人が、

このコンサートを観たと言われている。


そして、このとき集まった募金総額は、
280億円にものぼった。


しかし、一見、大成功に見えたこのイベントが、
失望に変わるのには、あまり時間がかからなかった。



実は、貧しい国々は、ただ貧しいだけじゃない。
先進諸国に多額の借金をしている。

そして、借金は利子を生む。



これらの国の中には、返済する金額の方が、
医療や福祉、教育などの予算よりも多い国さえあった。


このライブエイドで、
世界中の人々から集まったお金250億円は、
アフリカの国々が、
先進国に支払う返済額の
たった1週間分に過ぎなかった。


つまり、
お金がなくて学校に行けない子どもたち、
お金がなくて治療の受けられない人々、
そして、
お金がないために、死んでいく人々…、

…そんな彼らのために、
ライブエイドで集めたお金は、
たった1週間で先進国へと戻って行った。

そして、先進国は、
この国の人々から、
さらに多くのお金を絞り上げていた。



この事実を知ったとき、
ある人々は、
ポップスターにできるのはその程度だと笑い、
また、ある人々は、失望から、
こういった活動に背を向けるようになった。




それから、20年の時が流れた2005年夏、
突然、ひとつのイベントが告知された。

そのイベントの名は「Live 8(ライブエイト)」。


呼びかけたのは、20年前の「ライブエイド」と同じ、
ボブ・ゲルドフだった。

しかし、今度は「チャリティ」ではなかった。


同じく20年前の「ライブエイド」に参加し、
「Live 8」にも参加した
ロックバンドU2のボーカリスト、ボノは言った。

「これは"チャリティ"じゃない。
 おれたちが欲しいのは"正義"だ。」


実は、この「Live 8」は、
2005年に、イギリスで開かれた
主要国首脳会議「G8サミット」に、
合わせて開催された。


この「Live 8」によって、
たくさんの人々が、
アフリカの貧困問題に関心を持っていることをアピールし、
先進諸国の政治家たちに、
この問題への取り組みをさせようというものだった。


このライブイベントの最後、25万人以上の人々が、
ライブ会場から、
「G8サミット」の開催場所、
スコットランド・エジンバラ宮殿へ向けて行進した。


そして、この「G8サミット」で、
先進各国の首脳たちは、
最貧国18カ国の借金の免除や、
5500億円以上のアフリカ支援などを約束した。



20年前できなかったからといって、
今、できないわけではない。


わたしたちは、20年前の人々より、
より多くのことができるはずだし、
10年前よりも、
5年前よりも、
もっと多くのことができるはずだ。

« リース報告 | トップページ | 足の話2 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/17898494

この記事へのトラックバック一覧です: またですか・・・:

« リース報告 | トップページ | 足の話2 »