« 野菜をおいしく | トップページ | 小指湿布とゾーンセラピー »

2008.03.02

賛否両論?

『平城遷都1300年祭』

奈良に都(平城京)が置かれ、2010年で1300年目を迎える。
それを祝うイベントが2年後におこなわれるので、
今、その準備が着々とすすめられています。

その昔は奈良が日本の中心だったんですね~。
(今では見る影もありませんが・・・)


そしてそのイベントのマスコットキャラクターが
写真のコイツです。(名前は募集中)
  ↓↓↓

080302

なかなか強烈なキャラクターですね。
保守的な奈良としてはよくやったというべきなのか・・・
しかし奈良県民から批判の声が相次いであがっており、
ニュースなどでも取り上げられています。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  ~ニュースより~

平城遷都1300年祭の選定委員が、
デザインの専門家12人の計21案から選んだ。
シカの角を生やした童子のイメージで、
東京芸術大大学院教授の彫刻家、
籔内佐斗司(さとし)さんの作品。
著作権は500万円で買い取った。

先月12日に公表し、愛称を募集中。
約2週間で2000件を超える応募があった半面、
ホームページなどを通じて約200件の批判意見が寄せられた。
 「仏に角を生やすなんて侮辱だ」
 「一般公募で再検討を」
などが多いという。

選定委員会の意見として、

「このマスコットキャラクターは、
21あった候補の中から選定委員会が選びました。
選定の理由としては、一目で奈良とわかること、
飛び抜けたインパクトを持っていることがあります。
また、奈良の大地から生まれたエネルギーの化身であるという、
未来に続くストーリー性を持っているという点が挙げられます」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

いや~、どうなんでしょう。
だんだん見ているうちに愛着が湧いてくるんでしょうか?

そもそも「遷都1300年祭」って何をするのか、よくわからない。
イマイチ県民の盛り上がりにも欠けると思うのは僕だけでしょうか。

今建設中の「大極殿の復元工事」

080302_2

これは奈良県ではなく文化庁の仕事なんですが、
工事費はなんと200億円!

昔からあったものを保存、修復っていうのなら話はわかりますが、
(東大寺大仏殿の大修理とか)
いくら似せて作ってもホンモノではありませんから!
そんなのに200億円も税金を投入する意味があるのか?・・・

« 野菜をおいしく | トップページ | 小指湿布とゾーンセラピー »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ん…?絵=さすがにウマイ^^

しかし芸大行ったらこうなるのか…
しかも名前も考えずに描いたのか!
コンセプトが知りたい!未来に続くストーリ…の

名前ね
1)バンビーノ → そのままかな~
2)古経 → 奈良のイメージでね
3)オワタ → シルクロードの終点でしょ

もしJリーグ出来たらこんなキャラになるんやろね…
日本でJリーグないの奈良と他2県ですよ

名前、オワタはあまりにも寂しすぎるような。。。
なんだかコンセプトがはっきりしないし、
作者と選定委員会との間に大手広告代理店がはいっていたりなど、不透明な部分も問題になっていますね。
いったん白紙に戻したほうがいいのでは・・・

そうかJリーグがない県はそんなに少ないんですね。
未来へ続くストーリーは奈良にあるのでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賛否両論?:

« 野菜をおいしく | トップページ | 小指湿布とゾーンセラピー »