« クールダウン | トップページ | 絶望と再生 »

2008.06.10

1/fのゆらぎとアルファ波

ヒーリングミュージック(癒し音楽)は規則正しいリズムを刻むよりも、
ランダムと規則性の混ざり合ったリズムのものが適しています。

ここで『1/fのゆらぎ』という言葉が出てきます。
これは自然界に存在しているさまざまなリズムであり、
小川のせせらぎ、小鳥のさえずり、波の音、自然風、木漏れ日など。
また手作り品などもこの1/fのゆらぎが現れています。
機械では表わせない「ゆらぎ」が出てるんでしょうね。

音楽で言えば、。。。

まず基音(基本となる音)これが規則性を生み、
そこを振幅する形で不規則音が絡む、というのがベストな状態です。

癒し音楽だけではなく、クーラーや扇風機の風なども
この1/fのゆらぎのリズムを採用している商品も多いようです。
山や海など自然の中に出かけると気分がリラックスし、
元気が出るのはこの1/fのゆらぎも関係してるんでしょうね。

そして人間の心拍の間隔などもこのリズムとなっています。
人間の生体リズムが1/fゆらぎになっているということで、
外部からの同じ1/fゆらぎにによって聴く人の心と共鳴し、
自らのズレを修正して自然にバランスをとろうとはたらきます。

そして無意識下で怒りや悲しみ、緊張などが抑えられ、
心が穏やかな状態になるようです。

人間の脳がリラックスしているときに出る『アルファ波』
この1/fのゆらぎと関係が深いようです。

ちなみに脳波の種類は

◆デルタ波(δ波)      
 周波数0.5~4ヘルツ
   深い睡眠状態にあるときに現われる波形。 

◆シータ波(θ波)       
 周波数4~8ヘルツ
  浅い睡眠状態にあるときに現れる波形。
  何かに集中した状態で見られるという説もありますが、
  特長に欠ける低周波だけに、関連性の判断は困難。     

◆アルファ波(α波)     
 周波数8~12ヘルツ

  何かに集中した状態にあるときに現れる波形。
  心身をリラックスさせた状態で、
  なおかつアルファ波がみられることもあり
  (深い瞑想、趣味の活動、くつろぎ)、
  脳がこの状態にあると自己の能力を
  最大限に発揮できるといわれています。     

◆ベータ波(β波)     
 周波数12~40ヘルツ
  目覚めていて、五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)が働き、
  意識が緊張した状態のときに現れる波形。 

通常我々が目が覚めて活動しているいる状態では
β波を出している状態だと言われています。
α波が良いとされている理由は、この脳波が出ているときには
β波の状態のときよりも効率よく心身活動ができているという点です。

リラックスした状態なので副交感神経優位にあり、
さまざまな体内の生理機能が円滑におこなわれ、
免疫力も高くなるなどの利点がたくさんあります。

そしてα波、副交感神経と関連している『脳内物質』が、
アセチルコリン、セロトニン、ベータエンドルフィンなど。
これらがもたらす作用は、脈拍数の低下、筋肉の弛緩、
血圧の低下、消化機能亢進などで体をリラックス状態にします。


またベータエンドルフィンにおいては脳内麻薬と呼ばれ、
快感をもたらしたり、鎮痛作用や免疫力を高め、
ガンの抑制にもつながると研究されています。


『リフレクソロジー』
をおこなっているときの脳の状態は
まさにこのような副交感神経優位のα波の状態にあり、
心身にとても良い影響を与えます。
世界中の多くのホスピスにおいて緩和ケアとして
リフレクソロジーが取り入れられているのも納得できます。

そしてホリスティックなトリートメントをおこなうためには、
その環境(場)も非常に大切な要因です。

騒がしい場所でおこなうよりもできれば落ち着いた静かな雰囲気で、
そして無音よりも1/fのリズムを奏でる音があることによって、
さらに癒しの効果は高まるのでしょう。

前回記事で、サロンの音楽をPCを介して
iTunesを流していると書きましたが、
主にコレを流しています。 

『Whisperings : Solo Piano Radio』

1/f1のゆらぎなのかどうかは微妙ですがなかなか好評で、
リフレクソロジーをおこなう環境作りに一役かっています。

« クールダウン | トップページ | 絶望と再生 »

心と体」カテゴリの記事

リフレクソロジー」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

どもオツカレ

1/f …リズムですか~なるほど

因みに寝まくる私はいつ能力を最大限に

発揮しているのだろう?

しかし最近は『五感』も疑似的に感じさせらてる

きがるするねぇ~

iTunes→PCもイイけど

プレイヤーでレコードにしてみたら

>マックなココアさん
いつも最大限に発揮してるのでは。
でもたまには休まないと発揮レベルが低下するかも。
太陽の下にもたまには出ていってくださいね、
ビタミンDの合成もせんとアカンし。

iTunes、使ってはいるけど機能はほとんどわかってない。
今度やってみますね。

ほぉほぉ~ビタミンD

日光浴ですな

レコード=アナログね(レコードプレイヤー)
家に沢山ありそやけど…もうナイかな

しかし…f・D・i 文字考えた人はスゴイなぁ~
ふと思ってしまった

>マックなココアさん
レコード=アナログ
はいはい、難しく考えてしまった。
でも残念ながらプレーヤーがありません。
でも雰囲気はいいかもしれませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/fのゆらぎとアルファ波:

» アルファ波と音読 [音読と超音読]
◆音読効果を高める集中 人は集中状態になると 【アルファ波】... [続きを読む]

« クールダウン | トップページ | 絶望と再生 »