« 百寿 | トップページ | ゛Yes we can゛ »

2008.11.01

森の焼き鳥屋さん

ちょっと前に行った焼き鳥屋さんのグルメリポートです。

奈良と天理の中間の山中にあるお店
『鳥研』さんです。

お店のまわりはのどかな里山の風景が広がり、
写真の真ん中のこんもりした森の辺りにあります。
081019_001

天理街道(国道169)から
名阪国道 五ヶ谷ICに抜ける道(県道187)を左折し、

さらに1.5kmほど行ったところで円照寺・百豪寺方面の案内板を左折し、
081019_003


真っ直ぐ500mほど行くと看板発見!
081019_004

車1台がやっと通れる道を進んでいきます。
081019_006


「ほんとにこの先にあるの?」
と不安になってきますが。。。

そして右側に鶏舎が見えてきたら到着。
081019_007

小屋の中の鳥は烏骨鶏(うこっけい)らしいのですが(?)
彼らは食用ではなく鶏鍋のダシになるらしいです。
081019_009

こんな感じで5日間ほど煮込むのだそうな。。。
081019_008

店内です。
割と広く30人くらいの宴会は余裕でできそう。
081008_046

メニューもシンプル!(笑)
081008_048

そして焼き鳥用に鉄板(石板?)
かなり厚みがあってイイ感じです。
081008_049

そしてまずはお造り。
めちゃ甘くて美味しい♪
081008_050

そして肉と野菜
これで2人前です。
081008_051



ちょっと少なかったかな。
これに鍋を合わせるといいんでしょうね。

そしてまずは皮から焼きにはいります。
081008_053

その前に店のおばちゃんから、
紙のエプロンを渡されました。
これをしていないと大変なことになるのだとか。。。
081008_052

皮から油が染み出てきたところで肉を焼きます。
081008_054

かなりイイ感じ。
皮はカリカリになるまで焼いたほうが美味しい。
肉厚だし、食感も味も絶妙です。

そして肉もやはり地鶏らしく歯ごたえがあり、
噛めば噛むほど味が出てくる感じです。
玉ねぎも肉汁がしみて美味しい~♪
081008_055

そしてこの油!
これ全部肉から出てる油なんですよ!
081008_056 



なぜコンロの下にトレイがあるのかがこれで判明。
しかしコンロが爆発しないかとヒヤヒヤでしたが。

で、食後はやはりこの通り。
エプロンがないと油まみれになってました。
(ま、顔はテカテカになりましたが)
081008_057

でも味はかなり美味しいし、
この雰囲気で食べるのがまたいいんでしょう。

次回、もう少し寒くなったら、
あのダシで作る鶏鍋もいただきたいと思います。

« 百寿 | トップページ | ゛Yes we can゛ »

飲み食い。。。」カテゴリの記事

コメント

っくぅ~!
こういうの大好き♪
鳥のメニューなんかたったの3つしかない・・・。シンプルでいいねぇ~。

>mitchypitchyさま

いいでしょ♪

この石板が微妙に傾いてるんですよね、
あとで「あー、油を下に落とすためなのか
と気付き、その芸の細かさに感動しました。(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の焼き鳥屋さん:

« 百寿 | トップページ | ゛Yes we can゛ »