« 寄り添う大切さ | トップページ | 希望と責任 »

2009.01.19

80overs!

今日は朝から出てばかりの日で、
午前中はクライアントの自宅まで出張施術に行き、
午後からは大阪までお見舞いに行ってました。

お二人とも80歳を越えておられるのですが、
とてもお元気でガッツのある方たちです。

まず午前中、
83歳の男性で、昨年末に腰椎の圧迫骨折をされ、
その後、歩行困難となっておられます。

先週に施術予約をいただいてたのですが、
自分の足で歩いて行くことができないので、
娘さんの車で送り迎えをしてもらって、
ウチのお店に来店されての施術となりました。

なんとかチェアーに座っていただき
40分間ほどの短め&軽めの圧で施術。
そのあと脊椎、坐骨神経などを中心として
アプローチするVRTを10分間ほど施術

「少し痛みが楽になった」とおっしゃってましたが、
でもいちいち娘さんに車で送ってもらっていては
家族にも余計な負担がかかり大変なので、
「じゃあ来週はこちらから伺います。」
ということで今朝からお宅まで出張に行ってきました。
 (自転車だと10分くらいなので)

でも家に行ってみると
「一人で階段を昇れてるじゃん!」とビックリ!
一週間前はとても一人じゃ歩くのも困難だったのに。
この回復の早さには医師も驚いておられるよう。
腰神経の圧迫が原因となっている足の痺れや
痛みはありますが確実に治癒に向かっています。

「これはやはりリフレクソロジーの効果でしょ!」
 (と、信じています)

今もまだ現役で画材店を営んでおられ、
「まだまだ隠居などするものか!」という思いもお持ちで、
それが回復を早める結果にも繋がっているのでしょう。
そして今後、施術とのコラボでさらなる回復を期待します!

そして、午後から今度は大阪までお見舞いに。

090119_002a

こちらは82歳になる女性で、
大晦日に軽い脳梗塞&転倒で入院されたのですが、
奇跡的に大きな後遺障害も残らずに済み、
最近になって近くのリハビリ専門病院に移られました。

高齢ではありますがバイタリティに溢れ、とても聡明な方。
地域のことや家業のことを含め様々な活動をされており、
忙しくて仕方がない身でおられ病院でノンビリしてる暇はなく、
ご本人は一日でも早く退院して家に帰ることを望んでいます。

入院当初はICUに入られていたのですから、
まだ20日ほどしか経っていないことを思うと、
こちらも驚異的な回復力と言えるでしょう。

今は言語と歩行訓練のリハビリをされていますが、
着実に成果があがっておられるようです。

さすがに病院内で施術をするわけにはいかないので、
退院後、ご自宅にお帰りになられたあかつきには
ぜひリフレクソロジー施術を受けていただき、
さらに回復力をUPしていただきたく思っています。

  ***********************************

人はある程度の高齢となると体力の衰えや
損傷の回復力が遅くなってくるのは仕方ないこと。

でもそれは精神力である程度カバーできるんです!
「年だから…」
と諦めるのではなく、
「こんなことしてる場合じゃねぇ!」
という思いが加齢による衰えを跳ね飛ばし
体の細胞のひとつひとつにまでその指令が伝わり、
活性化して生きる力が湧いてくるのでしょう。

ちょうどお二人の半分の年齢の自分ですが、
40年後もあのように活力に溢れていたいものです。
(80overの現役リフレクソロジストとしてね!)

« 寄り添う大切さ | トップページ | 希望と責任 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

リフレクソロジー」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 80overs!:

« 寄り添う大切さ | トップページ | 希望と責任 »