« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.28

冬の終わり

今日で2月も終わり。
と同時に冬も終わりを告げる気がしますね。
雨が続いてましたが今日はまずまずのお天気で
窓からは暖かい春の日差しが差し込んでいます。

090227_007c




「二月は逃げる」
と言いますが、
本当にあっという間だった気がします。

そして温暖化の影響なのか暖かい日が多かった。
結局今年は奈良市内での積雪はありませんでした。
なんだかちょっと寂しい気もsweat02。。。

でも3月というとまだまだ寒いながらも
春の足音がだんだん感じられる季節note
今朝はウグイスが家のそばまで来て
まだ不器用ながらもしっかりと鳴いていました。

「三月は去る」とも言い、
卒業、退職、移動など別れの時期であると同時に
これまたあっという間に過ぎ去ってしまいます。

なにかと混迷の時代ではありますが、
春からの新たなステージへ向けて、
しっかりと準備をしておきたいですね。

2009.02.27

計画と実行

 『谷亮子、第2子を妊娠 
 10月出産予定、現役続ける方針』

五輪で5大会連続メダルを獲得した柔道女子48キロ級の谷亮子選手(33)=トヨタ自動車=が第2子を妊娠した。10月に出産の予定で、その後も現役を続け、12年夏のロンドン五輪を目指す方針は変わらないとしている。

【Asahi.com】

彼女にはほんとに脱帽です。sweat01

柔道家として常にトップを走り続けることだけでも
並大抵のことではないでしょう。

第一子の妊娠~出産を経て五輪出場~メダル獲得
このときも谷選手の精神力には驚きましたが、
『母は強し!』
次のロンドン五輪では37歳になっておられるはず。
アスリートとしては年齢的にもかなり厳しいにも関わらず
今度も五輪出場を目指すと公言されています。

きっと彼女ならやり遂げるでしょう。
そして必ずやメダルを持ち帰るでしょう。

人間、ここまで強くなれるものなのか、
そして計画的に生き、達成していけるものなのか。

先日友人と「不妊の方が最近多いね~sweat02と話していたので、
五輪と五輪の間をうまくぬって妊娠するというはなれわざ、
計画的というよりも、まさに神業と言えるのかも。。。

いやいや、それにしてもおめでたい話です。
どうぞ元気な赤ちゃんを産んでくださいねnote






あっ、
小渕優子少子化担当相もどうか丈夫な赤ちゃんを!
catface

2009.02.23

脳で感じる・・・

090223_001




友人から借りた本

『脳で感じるセックス入門』という題名

なんでしょう、なんだかいかがわしい本なのか?
と思いましたが、著者はれっきとしたドクター。
ココの病院の院長さんです。

そういや本の題名の上に小さく
「お医者さまが教える」って書いてあります。

ま、内容はいわゆるハウツー本なのですが、
セックスや男女の関係に関するあらゆる場面で
脳内ホルモンや右脳・左脳のはたらきのことなど、
解剖生理学にのっとって記述してあります。

たとえば・・・

続きを読む "脳で感じる・・・" »

2009.02.22

同調効果

リフレクソロジー施術においてしばしば起こることが
クライアントの「気」をうけてしまうということ。
これは他の療法でのセラピストも同様だと思います。

心身共に大変お疲れの方の施術をした場合、
えもいわれぬしんどさに見舞われることがあります。

ハードワークをした後とはまた違ったなんともいえないダルさ。
激しい運動や強い緊張状態にあったわけでもないのに、
なんだか体がドロドロに融けてしまいそうな脱力感。。。
リフレクソロジストになるまでは体感したことがありませんでした。
これがおそらく相手の「気」を受けてしまってる状態なのでしょう。

これも一種の「ホメオスタシス同調効果」なのかもしれない。

  生体の恒常性維持機能であるホメオスタシスは、
  より強い気をもった相手や長時間一緒に過ごす相手と
  次第に同調していくという理論。 
    
(科学的かどうかは?)

例えば
  一緒に住んでいる女性同士の生理周期が同じになる
  生理周期だけでなく、呼吸やまばたきが一致したり、
  その他にもいろんな一致が起きる。

などといったこと。

そしてそれは生体レベルで同調するので、

続きを読む "同調効果" »

2009.02.19

厄とB-day

私事ながら
今月14日にめでたく(?)誕生日をむかえ、42歳となりました。

どうなんでしょうこの「42歳」という響き。
男性でパッと思い浮かぶのが『厄年』ですね。

男と女では違っており、
 【男性】25歳・42歳・61歳
 【女性】19歳・33歳・37歳

特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、
凶事や災難に遭う率が非常に高く、充分な警戒が必要なのだとか。。。

続きを読む "厄とB-day" »

2009.02.11

雪遊びor宴会?

今シーズン2回目のスノーボードsnowboard

一緒に行ったのはいつものスノボメンバー。
 (一人これなくて3人だけでしたが)
彼らと滑りにいくのも3年ぶりです。

美味しいモツ鍋屋を探して夜の街を徘徊・・・
は定期的におこなっているのですが、
今回は本来の趣旨に沿った健全な集まりです。rock

行った先は『スターシュプール緑風リゾートひだ流葉』
なんとも長ったらしい名前に変わっていますが、
昔の「飛騨流葉スキー場」です。

090210_002

続きを読む "雪遊びor宴会?" »

2009.02.09

春の息吹(梅開花)

今朝はまた寒かったですねえ。
でもこんな日の早朝は空気が澄んでいて気持ちいい。

日の出の瞬間をカメラにおさめようと多くの人が。
090207_002a


なかには鹿に異常に人気のある方も(笑)
090209_018b

そして夜明け
090209_019a

朝日は人間に活力を与えてくれます。
たまに浴びてみるのもいいものですよ。

************************

奈良公園も梅の花がほころび始めました。
090209_011

ここは『丸窓梅林(片岡梅林)』といいます。
090209_013

丸窓とはこの建物のこと。
名前そのまんまです、窓がまぁるい。
090209_016a

鎌倉時代の建物で重文になっていますが、
いったい何のための建物なのかは?・・・

ちょうど今は屋根の藁葺きの葺き替え中。
最近は見かけなくなった足場丸太が組まれています。
この足場もなかなか芸術的です。

普段はこんな感じ。
090209_0300_2

この梅林には300本ほどの梅の木があり、
満開時にはロケーションもよくなかなかGood♪
090209_017

************************

そして奈良公園の片隅では若い牡鹿たちが、
来るべき繁殖期の闘いに備え早朝稽古の真っ最中。
090209_030a

こちらは三つ巴での頭突き合戦。

090209_026a

わずかに生えた角でグリグリと。
オリャァ~~!
090209_028a

こういった風景も奈良の春を感じさせますね。

昔から変わらぬ何気ない営みに
ホッとした気分になれます。

2009.02.08

リサイクルのすすめ

長年愛用していたクラークス アクティブエア
英国の『クラークス社』の傑作ともいえるこの靴は
その素晴らしい履き心地で人気の高かったモデルです。

090206_001

090207_009


*****************************

アクティブエア第1号モデルとして発表された「ネイチャー」は、1989年 英国シューズコンテストで金賞を受賞。
英国政府委託期間の英国足病医協会から「足の健康に最も優れた靴」として賞賛を得た。

クラークスが生んだポリウレタンの技術的革新は10年間の年月を経て、ついに歩行と履き心地に優れた靴底、『アクティブエア(ACTIVE AIR)』を生み出した。
このソールは、空気をたっぷり含んだポリウレタンでつくった衝撃吸収性の高い素材で、さらに空気のパイプを張り巡らせ、空気がクッションのはたらきと反発弾性を生む構造。

 クラークスHPより

*****************************

写真のようにインソール部にたくさんの凹凸があり、
これが素晴らしい履き心地をもたらしていました。

090206_002

しかし、長年履き続けた末の経年劣化には勝てず、
ウレタンソールが加水分解によりボロボロに劣化し、
ついに履けない状態となってしまいました。down

せっかくのお気に入りの靴ということでもあり、
また甲高幅広の僕の足の合う市販靴に出会うのは
並大抵のことではないので修理することに!rock

続きを読む "リサイクルのすすめ" »

2009.02.03

1コ違い。

昨日、

『007 慰めの報酬』

を観てきました。


090203_001

公開前から観たかったんですよね~。

なんだか劇場に足を運んでみたい映画ってありますよね。

そして期待通りの迫力ある作品!

のっけからの激しいカーチェイス、

息をもつかせぬハードなアクション!

なんだか映画らしい映画って感じがして、

単純に楽しめる作品です。

そして6代目ボンド役をつとめる「ダニエル・クレイグ」

彼がまた格好イイんですよね。

スーツ姿もバッチリ決まってて、

さらに服の下には鋼のようなBodyが!

090203_002

1968年生まれの彼とは1コしか違わないんですよね~。

いや~、頑張らねば!! 
(腹筋しよう~っと!)

ちなみに同じ学年や同じ1967年生まれの有名人には

東山紀之
永瀬正敏
スガシカオ
トータス松本
三浦カズ
織田裕二
清原和博

などの面々が。
みなさん格好イイですよねぇ。

ちなみにマイク・タイソンも同い年です。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »