« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.30

サムゲタン

昨日は、女性5人の集まりのなかに
なぜか男性1人混じっての食事会でした。

行った先は近鉄奈良沿線の「布施」
またマニアックな場所を選んだもんだね~と思ってましたが、
行ったお店がそれにまた輪をかけてマニアック。

090528_021

『喰太郎』さんです。

韓国家庭料理?になるのかな。

場所がわからなかったので駅から電話すると、
途中までオモニが自転車でお迎えに。

で、 「あんたらか~?」

「はい、そうです。わざわざすいませーん」と言うと、

「ほんだら先に行くわな!」と自転車でさっさと。。。

何!???

でもまぁお店はすぐ近くだったので問題なく到着。

ここはサムゲタン専門店。

 サムゲタン(蔘鶏湯)とは
 韓国のスープ料理で、鶏肉の内臓を取り出し、
 そこにナツメ、栗、松の実、ニンニクなどの具材と、
 さらにもち米、高麗人参を詰め込み、
 じっくり2~3時間かけて煮込んだ薬膳料理です。

090528_018

お肉はトロトロで柔らかくて、
なんといってもスープが絶品でしたnote

090528_019a

メニューはこのサムゲタンと、
イカの炒め物とキムチのみというシンプルさ。
でもそれだけで充分です。

そして今日、
まるでリフレクソロジーを受けた翌日のように、
体の内側からポカポカと温かく感じるのは、
やはりサムゲタンの薬膳効果なんでしょう。

今回は仕事の都合で一人だけ車で行ったので、
(アッシー君?)アルコールは呑めませんでしたが、
韓国焼酎や自家製マッコリ、高麗人参酒などもあり、
お店に行くときは帰りに運転しなくてもいい対策をおすすめ!

予約は必至ですが、聞くところによると

「○月○日に予約お願いしたいのですが・・・」
と電話しても、

「先のことはわからへんから当日電話して!」

で、当日に「今日、予約したいのですが・・・」
と電話してみると、

「今日は体調悪いから休みや!」

というように、かなり自由なお店のよう(笑)



しかし、女性が5人も集まるとすごいパワーですね。
その賑やかなことといったら!!・・・
喋る間もなくほとんどうなづいてるだけって感じでした。

彼女たちは昨日のサムゲタンを食べたことで、
今日はさらにパワーアップしてることでしょう。。。

熱いスープ料理で冬場の料理のようですが、
韓国では土用の丑のウナギのように夏に食べる料理のよう。
これから日本も蒸し暑い季節にはいっていきますが、
夏バテ対策として、また精力増強にもいいのでは!

shine
美味しくて、
体にもいいサムゲタン


shine
気持ちよくて
身体にもいいリフレクソロジー

なんとなく共通点があるような(笑)

2009.05.24

演ずること

昨日、
友人の所属している劇団の公演がある
ということで、新大阪まで行ってきました。

090523_018

お芝居は『1930上海盗賊レッド』というお話。
第6話まであるシリーズの第3話らしいです。

アヘン戦争後、動乱の時代の中国上海が舞台で、
国を立て直そうとする革命家たちの熱き闘い、
そしてそんな彼らの愛と宿命を描いた舞台です。

中国武術の迫力ある殺陣(タテ)などもあり、
また展開も面白くて見ごたえのある作品でした。

ちょうど2年前、
友人の初舞台も拝見させていただいたのですが、
『初舞台』

このときはセリフもないチョイ役だったのが、
今回はちゃんとした役どころで、舞台の真ん中に立ち、
長いセリフも堂々と話しておられました。

この2年間、一生懸命稽古を積まれたんだろうな
ということが彼女の素晴らしい演技から伝わってきました。

舞台での演技って、映画やテレビドラマのように、
NGを出して撮り直しってわけにはいきませんよね、
まさに一発勝負で、その瞬間に全力を出している
役者さんたちはまさに真剣そのもの。
その熱い情熱がこちらにまで伝わってきます。

そして演ずるということは、劇中の人物になりきること。
普段の自分ではない他人になれるって意味では、
役者さんがちょっと羨ましいなとも感じもしました。

でも、ある意味ではほとんどの人が自分の人生の中でも
「何かの役」を演じている部分があるのかもしれませんね。

 学校の先生であれば、教育者らしく品行方正に。
 銀行員であれば、お堅く真面目なイメージで。
 家庭の主婦ならば良妻賢母にと。。。

でもそれがずっと続くのは疲れますよね。

だからたまには普段と違う役どころを演じてみる、
なんてのもストレス解消にはいいかもしれません♪

友人の普段のお仕事は僕と同じリフレクソロジスト。

どちらかといえば癒し系の「静」のイメージです。
でも舞台では男装でアクションもある、「動」の役柄で、
躍動的に生き生きと演じておられました。

ON・OFFというわけではありませんが、
たまには普段と違った自分を演じるステージに
立ってみるのもいいことなのかもしれませんね。

今後は海外公演(ハワイ・ニューヨーク・シアトルなど)
も予定されているそうです。

さらなる活躍に期待しています!
素晴らしい舞台をありがとうございました。

『劇団 天八』

090523_017

2009.05.12

心の窓口

 挨拶の

 一言は

 心の窓口

090511_001

いやー確かに!

おはようマガモちゃん
お散歩ですか?

090512_005

おはよう
君も早起きっすねぇ。

090512_014a

この奇怪な樹は雷が落ちたようで
ポッカリと中が空洞になっています。

090512_009

子供の頃はよくこの中で遊びました。

090512_012

落書きだらけですね。

090512_011

なんだか落ち着きます。

まるで母の胎内のよう。。。

090512_010

彼はいつからここに立ってるのか。
雷に打たれて体を抉られても
踏ん張って立ち続けている。

とても強いパワーをいただきます。

自然神秘に対して
畏敬の念を忘れぬこと

まさに心の窓口を開き、
「自然の声」を聴くこと。

それがこの仕事をおこなう上で
いかに大切かを実感しています。

2009.05.08

よい耳をもたねば

自転車のペダルを踏み込むと、「キュッキュッ」と音が鳴ることが以前から気になってましたが、でもなかなか整備に出す時間がなく、緩みのある場所を締め直したりして、なんとかごまかしながら乗っていました。despair

でも段々と音鳴りが大きくなり、ガタつきも出てきて、クランクの根元部分を締めても締めてもすぐに緩むようになってきたのでいよいよ限界を感じ、購入した自転車屋さんに持っていくことに。rock



なにか緩みの原因があるのだろうかと分解して調べてみると、クランクの根元のボトムブラケットという箇所のネジ穴が芯ズレimpactしてることに気がつきました!!

090429_002 090429_003

ペダルを漕ぐ力を自転車に伝える大事な部分であり、こういった精密部品は厳密に検品されて出荷されてるでしょうから、こういう不良製品は逆に珍しいことなのかもしれません。

090429_004a

ではあきらかに肉厚に差があります。

ほんの2~3mmのズレではありますが、ペダルを漕ぐ力を伝達させる大切な部分であり、たったそれだけのことであっても自転車としての機能を果たせなくさせるには充分。

てことで新品に交換shine

090429_001

自転車は人の力だけで動く乗り物であり、特にスポーツバイクは機能性を最大限に重視してあり無駄な部品は一切ありません。
それゆえに、その部品の一つ一つが大変重要であり、小さなビスの1個に至るまで「自転車を動かす」ために各々がその大事な役割を担っています。

自分たちの体もそうですよね、細胞、組織、器官や臓器の一つ一つが存在意義をもち、その全てがつながりあって「人間が生きる」ための重要な役割を担っている。

自転車の部品であれば交換すれば済むことですが、人間の体であればそう簡単にいくかどうかはわかりません。

自転車のわずかな音鳴りに注意するように、「体の声」にも日頃からしっかりと耳を傾けなきゃいけませんね。
なにかいつもと調子が違うなと感じたときは無理をせず、立ち止まってチェックすることが肝要です。小さな不調には大きな病が隠されてる可能性もあるということを常に意識しておきましょう。
と、今回は思わぬところで教訓を得た気がしています。

大切なもののために、「よい耳」を持たねばなりませんね。flair

ということで部品交換を済ませたチャリンコは、元気に復活し、爽やかなこの季節を快調に風を切っておりますnotes

090429_012



そしてそして・・・
愛する人の小さな声にも
日頃からしっかり耳を傾けなきゃね~heart01

   ***************************

呼ばれています、いつも

気づいていますか、いつも

はるかな遠い声だから、

よい耳を、よい耳をもたなければ

   典礼聖歌 第409番

2009.05.06

花に囲まれて

GW、せっかくの連休も後半は雨でしたね。
4、5日と店をお休みにしてのんびりと過ごしていました。

そして5日の午後に『サラ花村』さんの作品展
【ー光陰矢の如しー】に行ってきました。

090505_006

あいにくの天気でしたが、途切れることなく
大勢の方たちがつめかけていました。

サラハウスに一歩はいると、花の香りがいきなり脳を刺激する感じ。
内部の壁、床、天井と埋めつくされたドライフラワーは圧巻です。

そして、最初は少し強く感じていた香りもすぐに慣れ、まるで楽園にいるような癒しを感じ、優しい気持ちになれます。

花ってすごいですね。

作品は撮影禁止とのことで写真は外観のみ

090505_001 

残念ながら今回で作品展は最後とのことですので、
もしお時間がありましたら、ぜひご覧になられることをおすすめします。
 ( 5月9日(土)まで )

作品展の様子です
http://www.geocities.jp/tamatebako2002jp/sara17-2.html

今までの作品展もこちらから見れます。
http://www.sarahanamura.com/Html/exhibi.htm

ショップではドライフラワーの作品も販売されており、
ちっちゃなバスケットを購入しました。

090505_008

癒されますよ~。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »