« 『もてなしのこころ』 | トップページ | 戒め? »

2009.11.24

やがておとずれる選択

昨日のNHKスペシャルから
『がん 生と死の謎に挑む』

ジャーナリストの立花隆氏の自身の膀胱がんの経験から、
「がんとは一体何なのか」という疑問を解明すべく、
徹底的に向き合い深く掘り下げていくドキュメンタリー。

日本人の死亡原因の第一位であり、毎年増え続けるがん。

立花氏の友人であった物理学者の戸塚洋二氏は
大腸がんの再発との闘い、そして抗がん剤副作用など
さんざん苦しみぬいた上に昨年この世を去った。

また盟友の筑紫哲也氏をもがんで亡くしたことで、
 「人類はなぜがんという病を克服できないのか?」
という疑問を持ち、がん患者である自らが取材を開始した。。。

◆がんとはいったい何か

アメリカがん学会にまで行き、世界的権威の科学者と話し、がんについて知れば知るほど、それは複雑であり、克服するのは非常に困難であることがわかってきた。
ある研究者は制圧までに50年か100年はかかるという。
学会では多くのノーベル賞受賞者も多数輩出したが、それはまだほんの一部の解決をの糸口をつかんだにすぎない。

そしてまず、生きていること自体が、がんを生み出すということ。
生物の遺伝子は、常に自身のコピーを繰り返している。
そしてなんらかの原因でのコピーミスは必ず起きるということ。

細胞内ではパスウェイというシグナル伝達経路があり、
生化学反応を起こして遺伝子転写の調節をおこなっている。

これにRASというがん遺伝子がシグナル伝達に関与し、細胞分裂のシグナルの引き金をひく。
機能変異を起こした遺伝子は活性化されて、調節機能を失い、細胞は異常増殖を始める。

分子標的薬というがんのピンポイント治療をおこなう最新薬では、シグナル伝達上のがん遺伝子の異常信号を抑制するが、がんはまた違う経路を迂回してしまうので効果は期待できない。

がんはまるで宇宙のように複雑で膨大な情報を持ち、1人の人間でこれを理解するのは不可能だとされている。

◆進化がもたらしたがん遺伝子

そして進化によってがん遺伝子も変化してきている。
HIF-1という遺伝子があるが、これは低酸素でも生き残る能力を持ち、これががん遺伝子の増殖、そして移動(浸潤)の手助けをしているという。
そしてHIF-1によって低酸素でも生き残る術を知ったがん細胞は、抗がん剤や放射線にも抵抗を示す強力な細胞になるという。

ではこのHIF-1を取り除けばがんの進行を抑えられるのではと考えたが、初期の細胞は低酸素状態であり、このHIF-1が不可欠なのである。
ラットの実験ではこのHIF-1を取り除くと胎児の状態から成長することはない。
HIF-1遺伝子は100以上もの遺伝子の成長に影響を及ぼし、酸素を必要とする生物にはなくてはならないものである。

困難な状況で生き抜くために働いていた遺伝子が、がんの増殖の助けともなりがんを強力にしている

3万年前の恐竜にもガン細胞が発見されている。
あらゆる生物のガンには同じ遺伝子が使われていることがわかってる。

◆正常細胞の裏切り

がんを抑制する体内のメカニズムとして「免疫」がある。
マクロファージはその代表ともいえるものである。

しかしがん組織のなかにマクロファージが大量に集まってくるという。
免疫の要であるべきマクロファージががんの進行を促進している。

裏切り行為のようなマクロファージだが、これは本来のはたらきだという。
怪我をしたとき傷口を癒やすシステムと同じで細胞の移動を促す物質を放出 。
これと同じことがガン細胞でもおこなわれ、マクロファージに導かれるようにガン細胞が移動・増殖するという。
また正常細胞もがん細胞に栄養を与える場合がある。

立花氏は、「がん細胞とは、半分自分で半分エイリアンのようなもの。エイリアンを攻撃するつもりが自分自身を攻撃していることがある。」という。
抗がん剤の副作用についても考えさせられる。

◆がんは生命そのもの

「がん幹細胞説」というものがある。
がんを生み出す根源となる細胞で、抗がん剤も効かない。
されには抗がん剤により耐性を持ち、さらに強力になることがわかった。
そして正常な幹細胞とよく似ているため、これを抗がん剤などで攻撃すると、生命そのものをも脅かしてしまう結果となる。

IPS細胞で世界的に有名な京都大学の山中伸弥教授は、IPS細胞はがん細胞とよく似ており、正常細胞とがん細胞は紙一重だという。
命を再生するIPS細胞と命を落とすがん細胞が極めて似ている。
生命が進化によって多細胞となって自己の複製を作るようになり、遺伝子異常がその過程である一定の確率で起こるうる。

ガンは細胞の病気であり、DNAの病気。
生命維持・存続の仕組みそのものにガンの起因するものがあり、ある意味でこれは宿命的な部分がある。

調査を進めれば進めるほどガンの撲滅は難しいということがわかってきた。
立花氏は講演でも、「ガンが転移しても、もう頑張らることはしない
抗がん剤を使用することはないだろう。」
と発言。
「65歳、このままいっても、QOLを下げてまで生きているメリットは無いと思う。」
と、がんとは闘わないという意味のことを話された。

そして鳥取県で在宅の緩和医療をおこなっている一人の医師を尋ねた。

「死は日常のそばにある」とその医師は言う。
「死を予感すると、その人に変化が起こる。まるで細胞に記憶されているようだ」と。
ここでは自然な死を望み、そして直前まで笑って死んでいくという。

「人は死ぬ力を持っている。そしてそれぞれに違う形での死がある」と。

最後に立花氏は

「私が生きている間に人類が医学的にガンを克服することはないだろう。
死が迫ってもジタバタすることはないだろう。
そうであればガン患者はどこかで折り合いを付けることが必要。
人間は死ぬ力を持っていること。
ジタバタしないで生きることが、ガンを克服するということではないか。」

と番組で語っておられました。

これには本当に同意します。
自分はガンにはなっていないけれど、3人に1人の確率なのだから、これからなる率というのはは極めて高いですね。

そうなったとき、生と死について真剣に考える場面に直面するでしょう。
がんとの闘い方でどちらかの道を選択する必要が発生したときには、
迷わずに「自然な死(自然な生)」のほうを選択するでしょう。

クライアントのなかにもがん患者の方がおられ、転移したがんと放射線や抗がん剤で頑張って闘っておられます。
しかし避けて通れないのが治療に伴うさまざまな副作用との闘いで、とても勇気と忍耐のいることだとその方のことを尊敬しています。

でも、それが本当に正しい選択かどうかというのは難しいですね。

これはそのときになってみないと、なにがより自然なのかわかりませんが、あくまでも自分自身で納得した形で生き、また死も選びたいですね。


今回、このような締めくくりをされたこの番組。
治療放棄の考えともとれ、賛否両論なのかもしれませんが、
これをキッカケとして、現在がんの治療中の方、これから必要となる方、真剣に「生と死」について考えていただきたいです。

人間の死亡率は100%なのですから。

« 『もてなしのこころ』 | トップページ | 戒め? »

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

癌も含め、終末期医療について語ると、
とてもコメント欄だけじゃ書ききれないし、
おそらくソウルさんと奈良で飲んで話しても、
一夜では語りきれないと思う。

いま一番悩んでいるのは、尊厳死の問題。
特に転職後に、直面する機会が多くなった。

今日もひとり、食事をできなくなった御老人を、
管からの栄養にするべきか否か、決断しないとならない。
家族はそれを希望していない。
本人もお元気な頃には、経管栄養は希望していなかった。

しかし、今の医療制度では、
水分を取れなくなった患者を、そのまま放置できない。
消極的安楽死となってしまうからだ。

尊厳死を貫くには、自宅で死ぬしか道は無い。
病院なり施設に居れば、本人の意思に無関係に
否応無く延命されてしまう。

呼吸器の装着が「無理な延命」として拒否できるのに、
経管栄養を拒否するのは安楽死扱い。

狂っているよ・・・いまの医療制度。
現場は苦悩しています。。。

ガンだけに限らず「難病」というのは治療が未知の世界ですね。

漢方薬・健康食品・温泉など病院の治療以外でそれらの病気が治っている人がいるのも事実だけど、同じ病の人全員にいい結果をもたらすものでもない。

病気を治したいという気持ちにつけこんで、何の価値もない高い商品を売りつける人がいるのは悲しいことです。
それで、本当に効果を出している商品が埋没することになるのは、もっと悲しいこと。

そして、医療の進歩は本当にいいのかどうかも確かに疑問。
進歩しすぎて、お医者様がついていけてないと感じているのは私だけ?

もし、自分に何かが起こったら、とりあえず周りを見て「これがいい」というものを試してみよ。

お医者様だけに頼らず、自分の信じる道を選ぶのが一番納得のいく人生かな?

難しいことです。

>まぁさん

本当に
日々、さまざまな厳しい選択をせねばならないお立場での
お悩みやご苦労、お察しいたします。

話は脱線しちゃうかもしれませんが、
昔ってこれほどまでに終末期医療について考えたり、
ましてや悩んでなどいなかったのではないかと思います。

簡単に死ねなくなった現代人ゆえの苦悩であり、
科学技術がまだ発達していない時代、怪我や感染症、
天災などによる死が日常と隣り合わせであったときならば
本来の「生」や「死」を全うできたのでしょう。

「死」について議論するまでもなく、当たり前としてとらえ、
そのときがくればそのまんま受け入れていた時代、
いまよりもよほど幸せだったのかもしれません。

寿命自体は20世紀になって飛躍的に延びましたが、
果たしてそれが本当に幸せかどうかは疑問です。

また、自分の寿命を他人の思惑で左右されてしまうという現実
これもなんだか悲しいことのような気がします。
とりあえずは在宅医療がもっと充実するように行政が努力を・・・
ま、難しいですね。。。

>Kidoさん

確かにどんな薬やサプリメントであっても、
この薬がAさんに効いたからBさんに必ずしも効くとは限りません。
リフレクソロジーでも改善される人、そうでない人がいますし、
同じ疾患や症状を抱えていたとしても、お1人お1人に対し、
施術の圧や刺激の方法は若干変化してきます。

個人はやはりそのひと個人であり独立した個体だということ。

人の細胞のなかのDNAのACGTの塩基の配列に対し、
さらに20種ものアミノ酸が関係することによって形質変化をもたらし、
その多様性や複雑性はほとんど天文学的な数字となるようです。
さらにガンはピンポイント攻撃をされても変化してしまうよう。
これではいくら分子標的薬を作り出してもきりがありませんよね。

まさに愚かな闘いであり、いまの医療の進歩(科学技術の進歩)が
本当に人類にとって正しく進むべき道の選択であったのかは
疑問であり、また見直される時期にきているのでしょう。

とりあえずは日頃から自分の体の声に耳を傾けること、
まずはこれが間違った選択を避ける第一歩のような気がします。
自分にとって最良の医師は自分自身のなかにいてますからね!

そして死を前提としながらも常に前向きに生きること。
闘いの負けが死と考えるではなく、限られた寿命を全うすること。
こういった意識も大切なことのよう感じます。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やがておとずれる選択:

« 『もてなしのこころ』 | トップページ | 戒め? »