« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.27

いまごろですが・・・

まだ2月だというのにこの暖かさ。
いまごろなのですが、今年初のスノボー !
 (たぶん今年最後になるでしょう)

いつものモツ鍋メンバー4人で行ってきました。
 (もともとスノボー仲間なので・・・)

真冬であるべきなのにこの異常な陽気、
そして26日の金曜日が大荒れとなること。

当然わかっていたことなのですが、
前から予定しており、仕事の調整もしてたので
天気がどうあれ行くしかないですね。

ゲレンデを探してくれた世話人N村氏は
季節はずれの陽気や降雨という悪天候を考慮して
標高の高い『チャオ御岳スノーリゾート』をチョイス

高速道路からのアクセスは悪いんだけど、
ゴンドラ頂上が2,190mという雲上のゲレンデ、
もしかすると下界の雨が雪になってるかも!
なんて淡い期待を抱いて出発!

続きを読む "いまごろですが・・・" »

2010.02.20

体内時計

今週放送された「プロフェショナル仕事の流儀」

『 若きプリンス、生命の謎に挑む 』  
      「 生命科学者 上田泰己 」

体内時計って耳にしたことはありましたが、
これを専門的に研究されてる方がおられたんですね。
しかも日本を代表する研究機関の理化学研究所で!

で、生命科学者って何?

どうも遺伝子など生命の基となることを研究してる人らしい。
この上田氏が研究しているテーマが「体内時計」

 ****************************************

昼間活動し、夜眠る人間のリズムは
脳の中心部にある器官で刻まれている。
その体内時計の動きに狂いが生じると様々な問題が起こる。

たとえば、朝になっても体がまだ夜の状態だと
登校拒否症の一因となり、痴呆患者の夜間徘徊はその逆だ。
うつ病もリズム障害が原因の1つとなる。

体内には24時間のリズムを刻む時計遺伝子があり、
1日における様々な生体活動を時間に合わせて管理している。

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターで
上田氏がチームリーダーとなっておこなっているこの研究は
いま世界中から注目を集めている。

続きを読む "体内時計" »

2010.02.16

再生のこころ

先日、大和郡山で曳家(ひきや)を見かけました。
新しい道路建設に家がかかっていたようです。
珍しいな~と思い、写真をパチリ。

100214

曳家とは家をそのまま持ち上げて移動させる工事なのですが、
ジャッキで家をそのまま持ち上げて、架台を組んだ上に乗せ、
コロやレールを使って別の場所に移動させるもの。
『(社)日本曳家協会』


実は僕自身もその昔、
建設会社勤務のときにお寺を100mほど動かしたことがあります。
大きな建築物だったので、1日に1mとか気の遠くなる作業でしたが、
巨大な建物が動くさまはなかなか迫力のあるものでしたよ。

この曳家は古代エジプトの時代からおこなわれていたようで、
日本でもキトラ古墳で石室を動かしたレール跡が出土したとか。

でも現在ではこの曳家工事をおこなう業者が減っているらしいです。
あまり需要がないのや特殊技術なのが理由のようです。

でも古いものを壊さずそのまま保存させるのって素敵ですよね。

家に限らず、なんでもかんでも使い捨てのこの時代、
古いものを再生して使う心を大切にしていきたいものです。

2010.02.13

しあわせ回廊

前回記事でちょこっと紹介した新しいイベント
 「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」

2/11~14までと短い期間しかないので見ておこうと、
仕事の帰り道にブラっと寄り道して覗いてきました。

100212_005

続きを読む "しあわせ回廊" »

2010.02.10

春を呼ぶ風景

同じような話題が続きますが、
ほんとに気持ち悪いくらい暖かい。
昨日の奈良の最高気温は19℃もあったと。

やっぱ温暖化なんでしょうかね。

奈良公園の梅もそんな暖かさに感化されたよう。
丸窓梅林では少しずつほころびかけています。
100209_007

そして春日大社参道ではなにやら奇怪なオブジェが!

100209_009

こちらは国立博物館前

100209_016

100209_019

まるで龍のようにも見えます。

100209_017

なんですかね?

どうやら明日から始まるコレのようです。
『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』

LEDの光を使って各史跡をライトアップするというもの。
夏のイベントである「なら燈花会」は「ろうそく」で、
こちらは「LED」とまた雰囲気が違った感じになり、
冬の古都を青い光で幻想的に演出されるようです。

2月11日~14日までと期間は短いですが、
新しく始まる春を呼ぶイベントということもあり、
なんとか活性化につながればいいですね。

でも雨が続くみたいだけどどうなんだろうな~・・・

そして鹿の相撲の稽古もまた春を呼ぶ風景の一つです。

100209_018_2

2010.02.07

寒~暖

昨日までの寒さはどこへやら

外へ出るとまだ風が冷たいのですが、
部屋の中にいてると窓から差し込む陽が、
春が来たような柔らかい日差しに感じます。

先週から珍しく風邪気味でした。(3年ぶりくらいかな)

熱やダルさは無いのですが咳と鼻水がなかなか治らず、
なんとなくテンションも下がり気味だったのですが、
今日の陽気で一気に回復した気がします。

ということで、
お店の花も春っぽく植え替え。

チューリップ
定番ですよね。

100207_008

ヒヤシンス その他

100207_006a

表の鉢植えたちも

100207_009

100207_010


これは家の庭で咲いてるスイセン

100207_011a

まーまだ2月ですからまだまだ寒い日もくるんでしょうが、

気分だけでも暖かくしてテンション上げていきたいですね!

2010.02.05

ケジメ

朝青龍、辞めちゃいましたね。

残念です。

過去、たびたびあった数々の問題行動や言動、
決して褒められたものではないけれど、
異国から言葉も風習も違う国に来て、
日本人でも大変なしきたりの厳しい世界で
そして厳しい稽古にも耐えて大変な重積のなか
最高位である横綱を勤め立派な成績を残されました。

そして今までの外国人力士たちのように
大きな体を武器に相撲をとるのではなく、
決して大きいとはいえない体だが、
みなぎる気迫と圧倒的な強さ、
見る者を惹きつけてやまない
芸術的ともいえる素晴らしい相撲の取り口

こんな力士はもう出てこないでしょう。

行動や言動の、その物事の善悪は別にして、
あそこまで自分を貫き通したのはある意味達人ですね。
徹底的な朝青龍の「オレ流」は憎たらしくもあり、
また逆にその輝きが眩しくて、羨望さえ感じました。

今までこんなに愛されたヒールがいただろうか?

でもいい潮時だったのかもしれません。
なんとなく悔いの残る結果となってしまいましたが、
最後は潔くきちんとけじめをとられたのではないか。

ちょっともったいない気はしますが、
なんとも朝青龍らしい最後のような気がします。

まだ29歳、どういう方面に進まれるのかはわかりませんが、
これからもまだまだ大暴れしてほしいものです。



そして潔くないと言えば、某与党の幹事長。

自分の子分をトカゲの尻尾のように切り捨て、
民意を無視してまだ続けるおつもりか。

あなたこそお辞めになるべきでは?

100205_001_4




2010.02.01

ブルーな季節

またこの季節がやってまいりました。

そう、『確定申告』です。

毎年のように手引き書を読んだり、
去年の申告書の写しを見たりと、
いつまでも書き方を覚えることができず、
机いっぱいに書類を広げて悪戦苦闘しています。

100201_001

なぜ1月2月が全体的に商売がヒマなのかというと
寒くって外に出かけるのが億劫になるから。
いえいえ、きっとこれがあるからに違いない。

よくよく整理してみると、支出にはムダがいっぱい。
そうすると、「もっと財布の紐を締めなきゃ!」
なんてことをつい思っちゃいます。

だからみんなお金を使わなくなるんでしょう。

かくいう自分もあらためて数字を見てみると
ドヨ~ンとブルーになっておりまする。 o(-_-;*) ・・・

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »