« 再生のこころ | トップページ | いまごろですが・・・ »

2010.02.20

体内時計

今週放送された「プロフェショナル仕事の流儀」

『 若きプリンス、生命の謎に挑む 』  
      「 生命科学者 上田泰己 」

体内時計って耳にしたことはありましたが、
これを専門的に研究されてる方がおられたんですね。
しかも日本を代表する研究機関の理化学研究所で!

で、生命科学者って何?

どうも遺伝子など生命の基となることを研究してる人らしい。
この上田氏が研究しているテーマが「体内時計」

 ****************************************

昼間活動し、夜眠る人間のリズムは
脳の中心部にある器官で刻まれている。
その体内時計の動きに狂いが生じると様々な問題が起こる。

たとえば、朝になっても体がまだ夜の状態だと
登校拒否症の一因となり、痴呆患者の夜間徘徊はその逆だ。
うつ病もリズム障害が原因の1つとなる。

体内には24時間のリズムを刻む時計遺伝子があり、
1日における様々な生体活動を時間に合わせて管理している。

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターで
上田氏がチームリーダーとなっておこなっているこの研究は
いま世界中から注目を集めている。

生物の24時間のリズムは環境によるものだけではなく、
体内に存在する時計でシステムが作られている。

体のあちこちの細胞のなかには時計遺伝子があり、
24時間周期で一定の時刻にはたらくようプログラムされており、
そしてある時刻になるとそのスイッチが入るようになっている。

たとえば
0時前後:自然分娩の開始が始まり、
1~3時:血中成長ホルモン最高
3~5時:喘息発作リスク最大
6時前後:自然出産確率が最大
7時前後:アレルギー性鼻炎症状最悪
7~9時:慢性関節リウマチ症状最悪
9時前後:心筋梗塞・脳梗塞リスク最大
13~15時:血中コレステロール最高
15~17時:体温・心拍・血圧・血中アドレナリン・体力最高
17~19時:尿量最大
19~21時:脳出血リスク最大
21~23時:ヒスタミン、抗原に対する感受性最大
       血中好酸球・リンパ球数最大

体内時計は睡眠覚醒・体温・血圧・ホルモンの
分泌のリズムをつかさどる分子機構であり、
さまざまな生理現象が24時間周期のリズムを持ち、
1日の中で特定の生理現象や疾病が起こりやすい時間が
このように決まっていることが知られている。

体内時計のリズムの乱れは、不眠症・登校拒否症・
痴呆症の症状である夜間徘徊などの原因の一部となっており、
この「体内時計」を遅らせる物質が、時差ボケや睡眠障害、うつ、
認知症などの治療薬の研究につながる成果として注目されている。

 ****************************************

なんとなくは体内時計の存在について、
そうじゃないかな~なんてことは思っていましたが、
こういうことを科学的に研究されてるんですね。

でも、こういう時間軸と生体活動のズレの修正、
ホルモン分泌や免疫反応の調整なんてこと、
リフレクソロジーの得意分野なんですよ!

体が刻んでいるリズムや心身のバランスを整え、
過剰に亢進し過ぎているものは抑制し、
減退しているものは活性化させる。

理化学研究所での上田氏の研究の一端に
リフレクソロジーの効能の解析も加えてもらえないだろうか(笑)



上田氏の言葉として

 「科学は何のためにあるか。

  人の役に立つことなんだろうけど、
  叶えることと、諦めさせることを、
  具体的に提示することができるようになること。

  それが人にとって幸せにつながればいい。」

人類の永遠の課題、「生命とは何か」
その本質、基本的な生きることを考えるのが、
「生命科学者」の仕事。

そして世界中が注目する若き天才科学者でありながら、
科学技術の力で解決させることだけに捉われず、
人に「諦めさせること」を示すことも念頭においている。

朝になると日が昇り、夕方には日が沈む。
地球の自転によるこの当たり前の自然活動が、
すべての生命にも関係しているのだという。

いまの現代社会で起こっている様々な歪み。

人の生活が地球の営みと逆行していることも、
その理由として考えられるのかもしれませんね。

« 再生のこころ | トップページ | いまごろですが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

おもしろいですね。
自然に身を任せるとはこの事ですかねヽ(´▽`)/
流れに逆らうと本当に色々歪みが出てくるんでしょうねぇ〜
あたしも太陽と共に毎日歩みたいです。

>こんまりさん

そう、時間がくると体が自然に反応してくれるようです。
そのためには正しい生活を心がけなきゃね~。

今年の目標の「朝ちゃんと起きる」は実行できてる?w

脳出血って午前10時じゃなかったっけ?
くも膜下出血が10時だったかな(自信なし)

脳梗塞が、なぜ血圧のトラフである夜間じゃなく
午前にピークが来るのかが謎なんだよね。

北海道の場合は、初のドカ雪の降った朝に
脳出血のピークがあるんだよね。
除雪ってかなり血圧上がるからさ。

>まぁさん

10時かな、よくわかんない(笑)
検索で見つけた体内時計の表を参考にしました。
http://www.cdb.riken.jp/lsb/jpn/information/200707.pdf

なんで朝に脳梗塞が多いんでしょうね。
前日服用した薬の効き目が弱くなるからとか、
なんかホルモンが関係してるとか聞きましたが。

まぁさんが謎なことが僕にわかるわけないけど(笑)

除雪、確かに辛そうですね、そりゃ血圧も上がるわ。
寒い地方はやっぱり循環器系トラブルも多いんでしょう。
初のドカ雪だから気温がいきなりグッと下がることで
体への負担も大きくなるんでしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体内時計:

« 再生のこころ | トップページ | いまごろですが・・・ »