« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.30

桜雪

桜の時期に寒くなることはあるけれど、
まさか雪が降るまで冷えるとはねえ。

出張先の老人ホーム近くのお寺で、
しだれ桜もうっすら雪化粧してました。

100330_002

透明感があり、なかなか風情があるけれど、
早く本当の春が来て暖かくなってほしいものです。

2010.03.26

春といえば

そう春といえば桜ですね
(氷室神社のしだれ桜)

100326_003_2

そして出会いと別れの季節でもあります。

昨日は「VRT」の同窓生のYさんが、リフレクソロジストから新たなステージへとステップアップされるお祝い&送別会でした。

まずは幹事(?)のKさんの心斎橋のサロンに集合し、
VRTの復習会。
(僕はしてませんが…)
VRTは施術者が少ないってこともあり、
自分が受ける機会ってほとんどないんですよね。
だからこういう機会にちょこっとでも施術を受けるのは貴重なこと。
ちょっと腰痛があったのですが、施術後にはスッキリ!

今回は主役のYさんから多国籍料理系のリクエストがあり、
そこで幹事のKさんが送別会のお店にとチョイスされたのが、
ペルシャ料理の『ラ・ペルセ』さん

続きを読む "春といえば" »

2010.03.22

命は誰のもの

昨日のNHKスペシャル
命をめぐる対話 “暗闇の世界で生きられますか”

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病状が進行し、
完全な「閉じ込め状態」となってしまう患者を
作家の柳田邦夫氏が取材をおこなったドキュメンタリー

脳は正常機能を保ち、音を聴いて理解もでき、
眼球やわずかに動く頬の筋肉を関知するセンサーで
PCを介し、かろうじてまわりとコミュニケーションをとっていた。

しかし体の全ての筋肉がやがて動かなくなってしまい、
意識明瞭でありながら下の世界と断絶されてしまう、
TLS(Totally Locked-in States)という状態に陥ってしまう。

夜中に寝ているとき、顔面を這っていたムカデに頬を噛まれ
激痛が走ったが、払いのけることも助けを呼ぶこともできず、
自分ではまったくどうすることもできない。。。

照川さんは、呼吸器と胃ろうによる栄養補給で、
いますぐ死に至るということことはない。
しかし、これで本当に生きていると言えるのだろうか。
本人は「生きていることが辛い」と自らの死を望んでいる。

柳田氏は
「命は自分だけのものではなく、照川さんが生きていることで
 まわり家族が支えとなっている側面もある」と訴えるが、
果たして本当にそうなのだろうか。

「生きてさえいてくれれば」という家族の思いは確かにあるだろう。
しかし、あまりにも本人が置かれている暗闇は深く、
そして過酷すぎるのではないだろうか。
いつ果てるともしれぬ暗黒の世界から解放されることを
本人が望むことは誰も咎められないのではなかろうか。

人口呼吸器や栄養補給による延命措置で、
普通ならば命を落とすべき状態であっても生き続けることができる。
いや、無理やり生かされてると言ったほうがいいかもしれない。

「生きていることが辛い」
自らは闇から解き放たれ安らかな死を望んでいるが、
家族の為に生き続けなければならないのか。
いったい命は誰のものなのか?

医療技術の発達により、救われる命が増えたことは確かだが、
しかし、人間の魂までもが救われているのかは疑問です。

科学技術の発達の影で、このような歪みが生じていること。
これから本当の生きる意味とは何かを考えていくべきなのでしょう。

◆関連


『潜水服は蝶の夢を見る』

『海を飛ぶ夢』

2010.03.19

三寒四温

リフレクソロジーの先生とのメールのやりとりで、
文章の枕に「三寒四温ですね」という言葉が添えられていた。
聞いたことはあったけど、意味はよくわからなかったので(恥)

調べてみると、
 冬の間に寒い日が三日ほど続くと、
 そのあと四日ほど温暖な日が続き、
 また逆戻りで寒くなるというように
 7日周期で寒暖が繰り返される現象。

とある。

「三月はまだ寒いけど四月は暖かいよ」って意味かと思ってた・・・

今年は本当にそんな気候が続いてますねえ、
暖かい日があるかと思えば真冬のように寒かったり。

そんな三寒四温のなか、今日はポカポカ陽気。
ブラっと歩いた佐保川の桜もほころびかけています。

100319_004

今年は例年よりも早く、3/23くらいから開花し、
3月末には満開をむかえる予報なのだとか。

そして今日は卒業式の日でもあります。
ここは18年前に僕が現場担当で建てた小学校。

100319_005

バブル期で超忙しく、ほとんど家に帰る間も無く、
この小学校の新築に突貫工事でかかりきりでした。

入学式の当日、桜が満開の下で工事が完了せず、
まだ仕舞い仕事をしていたのが思い出されて懐かしい。

でも、温暖化の影響がどんどん進み、
満開の桜の下での入学式
なんてのはもう見れなくなっちゃうかもね。。。

2010.03.12

噂話

人の噂話、
何の気なしにしてしまうことがありますが、
それが真実であるかどうかは別として、
その噂の内容に意外性があればあるほど
多くの人に広まってしまうもの。

しかも広まるにつれて尾ひれがつき、
さらに真実から離れた内容となってしまうことも。

『ダウト』という映画の中で、
噂話についての戒めとして、
あるたとえ話が述べられていた。

**********************

ある女が自分がよく知らない男について、
その男についてのよからぬ噂話をした。

続きを読む "噂話" »

2010.03.09

肥満は悪くない?

先日のNHKの番組『追跡!AtoZ』の特集で
近年、肥満体型ではないのに生活習慣病になる人が多く、
その原因が「異所性脂肪」が関係していると伝えていた。

「異所性脂肪」?

皮下脂肪や内臓脂肪などはよく耳にしますが、
この異所性脂肪は「第3の脂肪」と呼ばれているもので、
肝臓や心臓、骨格筋など脳以外のあらゆる場所、
本来脂肪が蓄積されるべきでない箇所に蓄積されて、
組織を破壊するなどの悪影響を与えるらしい。

続きを読む "肥満は悪くない?" »

2010.03.03

テロ対策?

もう3月になっちゃいました。
「2月は逃げる」なんて言いますが、
ほんとあっという間に過ぎ去った感じがします。

お店から歩いて10分で行ける平城旧跡。
ここもなんだか春っぽくなってきました。

100303_002

普段はのどかな場所なのですが、
遷都1300年事業のためあちこちで、
道路やパビリオン建設など工事だらけ。

そんななかで変わった立入禁止看板を発見。

100303_001

「な、なんだその顔は!あんた外人かい?」

で、大極殿の工事看板を見てみると、

100303_004

なるほど、看板の顔はテロ対策ってわけですか。
 (特定の地域の人を対象にしてる?)
でもアフロヘアーにヒゲにピアスの人って、
いかにも不審者ぽいもんね、要注意です。

今のこの工事も今月いっぱいでほぼ完了するようで、
また平和でのどかな環境に戻ってくれるようです。
 (いや今度は観光客で人混みかな・・・)

そしてそんなのどかな環境作りには、
こういった人たちの協力が欠かせません。
「おばちゃん腰痛めないようにしてね~。」

100303_006

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »