« アロマな時間 | トップページ | はや4年 »

2010.05.27

50th

暑くて冷房を入れたかと思えば、
今度はなんだか肌寒くて暖房を・・・
と、ほんと変な5月ですね。

最近ブログもサボリがちですが元気にやっております♪

で、先日いつものように献血に行ったら、
『50回記念』ということで粗品をいただきました。

100523

これって・・・
30回のときと一緒やん!
(色が違うだけ)

080727_004

杯ばっかもらってもな~。。。

と、ワガママ言っちゃあいけませんね。
せっかくなんですから有難く頂戴いたします。

このところ若者の献血離れに拍車がかかっており、
将来に不安が・・・との記事がありました。

******************************

「尋常じゃない」若者の献血離れ
将来に不安、献血年齢一部引き下げ

http://www.j-cast.com/2010/01/02057085.html

手術や救命医療で大量に使われる輸血用血液製剤は、大半を献血に頼っている。
ところが、若年層の献血離れが著しく、16~19歳の献血者は24年間で5分の1に、20歳代は半分以下に減った。このままでは将来、血液を安定して供給できなくなるとして、厚生労働省は男性の献血対象年齢を一部引き下げることを決めた。早ければ2011年4月から実施される。

厚生労働省血液対策課の担当者は、

「全体的に減っていますが、若者の献血率の低下は尋常じゃないです。20数年でこれだけ減っているのは、若者の個人意識が高まり、助け合いで成り立っている献血に対しての意識が変化していることが大きいと思います」

   といっている。


******************************

まぁ僕も20歳代の頃には仕事や遊びで忙しく、
ほとんど献血してなかったので偉そうなことは言えませんが、
しかし「尋常じゃない」との言葉には危機感を感じます。

血液はこれほど科学技術が進歩して現代でも
人工的に作り出すことはできません。
健康な人の体内からいただくしかないのです。

そして血液製剤は非常に高価で貴重なものです。

 ◆血小板製剤
血小板成分献血1人分に相当します。
・濃厚血小板「日赤」20単位約250mL - 153,610円

これをもし外国から買うとなると、また余計にお金がかかります。

『HLA型登録』

記念に「杯」をもらうまで通う。とまではいかなくとも、
定期的に行かれる若者が増えてくれることを願います。

そして献血ができる健康な体にあらためて感謝しています。

« アロマな時間 | トップページ | はや4年 »

ニュース」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

名誉の盃ですね。
この2つの盃で、サシで飲み明かしたいな。

ま、断酒した今は、それも叶いませんが、
最後の一行が、正に的をヒットですわ。
クスリで献血できない私は、
消費するばかりで。。。

あ、クルマがようやく決まったわ。
若い頃は楽しかったクルマ選びも、
年なのか、かなり疲れましたw

>まぁさん

いやいや、
多くの人命を救ってこられた社会貢献は素晴らしいですよ!
それに比べて、血をあげるくらいのことしかできないんだから。。。

いやー、でもほんとサシで飲みたいですね!
なんか酒以外のものでも注ぎましょうか(笑)

新しいクルマ、いいじゃないっすか~!
ちょい悪オヤジ風(←死語?)が格好イイっす!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/48471724

この記事へのトラックバック一覧です: 50th:

« アロマな時間 | トップページ | はや4年 »