« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.30

初孫の気分

広島の友人から出産祝いのお返しをいただきました。

愛媛がご実家なのでみかんジュースかな。

そしてラベルには可愛い赤ちゃんの写真が。

100630_003

そしてちゃーんと可愛い足の画像も♪

100630_002

彼女と初めて会ったのはちょうどいまから4年前で、
ともにVRTリフレクソロジーを学んだメンバーの1人。

その当時まだ大学を出たてでキャピキャピしておられたのが、
社命により、単身でREFLEの広島店にチーフとして行き、
ずっと年上の先輩方の上に立つ仕事を立派にこなされ、
メンバーの集まりで「彼氏できました」の報告を受けたと思えば、
あれよあれという間にご結婚され、翌年にはめでたく母親に。

娘ほども歳の違う彼女の頑張りと行動力には脱帽。
というか娘に孫ができた爺さんのような気分でしょうか(笑)

いつも明るく元気でおちゃめな彼女のことですから、
きっと愛情たっぷりの素敵な家庭を築かれることでしょう!

また友人たちと計画して広島ツアーにも行きたいものです。
幹事の(勝手に決めてる)Kidoさん、よろしくお願いしまーす!

2010.06.25

にわかファン

今日、どれだけの人がこの話題してるだろうか?

普段はサッカーの試合など滅多に見ない。
選手の名前だってほとんど知らない。

でも、今朝のデンマーク戦だけはさすがに
どうしてもその時間にライブで見たくって、
晩の10時に寝て、3時に起きてから、
TVにかじりついていました。

貧しい国、自然災害に見舞われた国、
紛争や政情不安を抱えた国など、
日本よりも背負っているものが大きい
そんな国々のなかから勝ち抜いて、
世界のベスト16にまで残ったことは、
大変意味が深く素晴らしいことですね。

これからさらに先にあるものを目指して、
ぜひ夢を繋げていってほしいものです。

4年に一度のにわかサッカーファンですが、
決勝トーナメントでのさらなる健闘を祈っています。

2010.06.22

署名お願いします。

奈良県下には現在ホスピスが1箇所しかありません。
しかも国保中央病院にあるたったの20床のみ。

その他、市立奈良病院の増改築工事に伴って、
わずか10床が計画されているのみです。

他県と比較してあまりにもその数が少なく、
がん患者さんたちは自宅から遠く離れた他府県へ
不便さを覚悟して行かなければならないのが現状です。

そして今回、奈良県が地域医療再生計画の一環として、
県立奈良病院の建替えをおこなうこととなりましたので、
この機会にぜひ「ホスピス・緩和ケア病棟」の設置を
計画していただくようにと署名をお願いしています。
 『奈良県のホスピスとがん医療をすすめる会』

ソウルトゥソウルにおいでになられた方は、
お手数ですがぜひご協力をお願いいたします。

ホスピスとは、ただ死を待つべき場所ではなく、
人生の最期を人間らしく尊厳を持って生きる場所です。

  ホスピス・緩和ケアについて詳しくは
   『日本ホスピス緩和ケア協会』

100622_003

今日、がんに罹った友人のお見舞いに行ってきました。
まだ46歳という若さで、小さなお子さんもおられます。

病になるということは、体の痛みだけではなく、
さまざまな精神的な苦痛が伴うもの。

病を治すための治療技術の向上とともに、
スピリチュアルケアも充実してほしいものです。

2010.06.15

家族で朝食

「ママ~!」
「どこ行ってたの、こっちきなさい!」

100612_002_5

「待ってよ~!」
「ほら早く早く。」

100612_004

「じゃあパパも一緒に朝ご飯にしましょうか」
「わぁ~い! ムシャムシャ・・・」

100612_005_2

関西も梅雨入りし、ジメジメ蒸し暑く、
なんとなくうっとおしい日が続いていますね。

でも6月の今はちょうど鹿の出産シーズン。
あちこちでバンビの姿を見かけることができ、
愛くるしい姿が、ホッと心を和ませてくれます。

しっかり食べて、元気にすくすく育ってね~♪



これは以前に撮影した仔鹿の写真
落ち葉と見分けがつきませんねぇ。
ほんと自然って不思議で美しいものです。

100612_099

2010.06.11

リフォーム2

廃材の撤去や材料運搬などの段取りを済ませ、
大工に床フローリングの仕上げ工事を任せたあと、
元同僚のY社長と共に外まわりの工事に!・・・

続きを読む "リフォーム2" »

2010.06.09

リフォーム1

先月末の話になりますが、

GWの家の片付けからの流れで、
床板の修繕が必要となっていたのですが、

100504_003

いっそのこと
畳からフローリングに変更して、
ついでにバリアフリーにしちゃえ!

ってことでリフォーム工事をすることになりました。

元同僚が独立して建設会社をしているので、
大工工事の他もろもろをお願いすることに。

安くあげるためにも出来る範囲のことはしようと、
また多少の肉体労働をするわけなのですが、
「手」に負担をかけると、本業に支障をきたすので、
あまりハードなことをしないようにと注意してましたが、

でもやっぱやりかけるとそういうわけにもね~。。。

続きを読む "リフォーム1" »

2010.06.06

「だろう運転」

また自転車でコケちゃいました。

奈良県庁から大通りを西向きに下って行き、
高円の交差点の信号を越えようとしたとき、
直進してる僕の前に右折の車が突然出てきた。

車がそのまま曲がってくれればかわせたが、
なぜか道路の真ん中で停止してしまった。
 (曲がりきれんのなら止まっておけよ!)

下り坂から車道を車の流れと共に走っていたので、
おそらく40km/h以上は出てたはず。
フルブレーキをかけたが止まれるはずもなく、
ハンドルを切ってそのまま横滑りにあえなく転等!

続きを読む "「だろう運転」" »

2010.06.04

「いま」を切り取る

写真が趣味のクライアント「Fさん」から、
所属されてるクラブの写真展があるということで、
近くなので仕事の空き時間に行ってきました。

100603_004

奈良が誇る巨匠、『入江泰吉氏』
のお弟子さんが主催する写真クラブらしく、
かなりハイレベルなのだと伺っていました。



Fさんは80歳を目前にしてるとは思えぬくらい、
それはもう活発な方でいらっしゃいます。
ご主人を10年前に亡くされて、
その趣味であるカメラを受け継いでからは、
ご主人以上にハマりきってらっしゃるとのこと。

それにしてもメンバーにはご年配の方が多いようです。

100603_001

人生の終焉を間近に感じるようになり(失礼)
美しい風景や素朴な自然が垣間見せる
その一瞬に魅せられるのかもしれませんね。

ファインダーごしに切り取った「静」のなかに
「生」を感じ取っておられるように感じました。

しかし、
写真って(写真クラブって)お金がかかるもんですね。

Fさんに聞いた話だと、カメラが数台と
レンズに至っては十数台、それに三脚などなど。

そして皆さんの撮影場所がまたすごい!
Fさんが出展されてた3枚の写真。

100603_003

右から
◆長野県 八千穂高原
◆北海道 美瑛
◆ギリシャ ミコノス島

ミ、ミコノス島!?

他の方々の展示作品の撮影場所も、

米国 アリゾナ、
カナダ ナイアガラ
アイスランド、
ネパール ナウリコット、
カンボジア、
ベトナム などなど(スゲ~!)

年に1回は海外に撮影旅行に行かれるらしく、
国内に至っては行ってないところがないのでは?
というくらいに飛び回っておられるよう。

こりゃ、かなり経済力がないと無理ですな。。。

でもそうやって世界中に撮影旅行に行けるのも、
心身を健康に保っておられるがゆえですね。

その体調管理のお手伝いに、リフレクソロジーが
少しでも役立ってくれれば幸いだと思っています。

これからも益々お元気で、
素敵な写真をいっぱい撮ってくださいね。

2010.06.01

はや4年

今日で、2006年6月1日のオープンから
丸4年が経過し、いよいよ5年目となります。

一生懸命に走りつづけて・・・
というより、
軽いジョギングかウォーキング、
たまに立ち止まったりしながらも、
ボチボチと歩んできている感じでしょうか。

いろんな横道、脇道がありましたが、
横にそれることなく、進路だけは変えずに、
自分の行くべき道を前進しています。

そして、こうして歩みを止めずに来れているのも
多くの方の力添えをいただいてきたからであり、
その感謝の気持ちを決して忘れることなく、
皆様の期待にお応えできるよう努力していく所存です。

開店記念日など、こういう節目の日というのは、
自分のことを振り返るいい機会であったりします。

インド建国の父、マハトマ・ガンジーの言葉で

「善きことは、カタツムリの速度で動く」
 Good travels at a snail's pace.
 

という名言があります。

ちょうどこの6月はアジサイが咲く季節で、
かたつむりも、ノンビリとした姿を見せてくれますね。

まさにかたつむりのごとき歩みであっても、
焦らずに、自分のペースを大切にして、
いま自分ができること、やるべきことを、
確実に成し遂げていきたいと思っています。

応援してくださってる方、
いつも本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

  2010年6月1日

 SOUL to SOLE 田村敏之

100601_006

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »