« 大一大万大吉 | トップページ | 心による隷属 »

2010.09.28

倒錯の夜

またいつものスノボメンバーでの集まりです。

そして定番となったモツ鍋は北堀江の「七福星」さん。

100925_003

以前にも足を運んだことのある台湾料理のお店で、
モツ鍋の具には豚足が入っており、辛さも本格的。

100925_004

しかし、

集まった目的はモツ鍋を食うことではありません。

いつもお世話になっている大人の隠れ家
「美酒処 夜半の月」さんから8周年記念のイベントで、
「SMパフォーマンス」をおこなうとの案内をいただき、
誰も経験がないので「怖いもの見たさに行ってみよう!」
となったのが今回集まった理由です。

100925_005

SMというと、どんなイメージ?
痛い、怖い、変態…
などなどマイナスな印象を思い浮かべるかもしれませんが、
実際に見たパフォーマンスは、美しく妖艶で芸術性が高く、
まるで舞台芸術を鑑賞している気分を感じるくらい。

20人弱のお客さんのなかで7~8人は若い女性のお客様。
目の前のショーをうっとりと眺めておられました。

そして今回のM嬢は素人の方だそうです。
前回ここでSMパフォーマンスのショーを観て感動し、
自ら今日のショーでのM嬢役に志願されたとか。

今回ゲストで出演されたヴィヴィアン・ボルドー女王様は
フランスの方で、欧米十数カ国を飛び回っている有名な方。
日本には東京・大阪に1~2ヶ月ほど滞在されるそうですが、
この「夜半の月」さんを大変気に入っておられて、
今回は特別にバーでのパフォーマンスとなった運び。

世界的に有名な女王様のパフォーマンスということで、
確かに、ショーが始まるとお店の空気がピリッとして
なんともいえない緊張感が客席にも伝わってきます。

100925_009a

見事にシェイプされた無駄のないボディは姿勢がよく、
それはまるで舞台で踊るダンサーやバレリーナのよう。

100925_010

そして、ヴィヴィアンの動きには全くムダがない。
その一挙手一投足は見る者を惹きつける魅力があり、
頭の先から指先まで本当に美しい芸術作品のようです。

またM嬢を縛る麻紐はヴィヴィアン女王様が操ると、
まるで意思があって生きているような躍動感があり、
M嬢の肢体へ蛇のように絡みついていきます。

100925_012a

「SMって実は素晴らしい芸術なんじゃない!」
と今までの概念を見事に覆して感動すら覚えるほど。

そしてリフレクソロジーと共通する点も気づきました。

まずは
人と人とが1対1となってのプレイ(施術)であり、
責め手(S)と受け側(M)がきちっと分かれるように、
リフレクソロジストとクライアントの関係においても
また立場がはっきりと分かれます。

そしてプレイの主導権はSにありMを責めますが、
実際はMの様子を終始注意深く観察しながら、
過ぎることがないよう細心の注意をはらっています。

特にこういったショーでのパフォーマンスとなると、
「相手に言葉で確認をとることができないので、
 受け側(M)の呼吸を読み、気を合わせることが必要」

と言う意味のことを、ショーの後で言っておられた。

こうなるともうどちらが奉仕しているのかわかりませんね。

リフレクソロジーも同じく、脱力しているクライアントの
表情、指先や全身のわずかな動き、閉じている瞳の動きなど、
その状態を読み取り、圧加減やスピードなどを調整します。
呼吸をあわせ、そして指先に「気」を集中させておこなう。
SがMに対して細心の注意をはらうことに共通しています。

もっと過激で、毒々しいイメージがありましたが、
 (そういうプレイもあるんでしょうけど)
そういった固定観念を払拭する内容で貴重な経験でした。

なんでもリフレクソロジーとつなげて考えてしまうのですが、
SとMの関係がそのままリフレクソロジーをおこなう上で
参考になるんじゃないか新しい発見をした思いです。

こりゃあ一度ヴィヴィアン女王様の調教を受けるべき?w

100925_022

アカン!… 顔が二ヤけすぎだわ。。。

« 大一大万大吉 | トップページ | 心による隷属 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲み食い。。。」カテゴリの記事

モツ鍋」カテゴリの記事

コメント

そのうれしそうなお顔
なんとも言えませんね~。

>Kidoさん

やっぱり…

でもかなり緊張してました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倒錯の夜:

« 大一大万大吉 | トップページ | 心による隷属 »