« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.25

予防が大事!

昨日のニュースから

国民医療費、最高の34兆8千億円

厚生労働省は24日、2008年度の国民医療費が
前年度より2%増えて34兆8084億円だったと発表した。
1人当たりの年間医療費は5400円増の27万2600円。
ともに過去最高を更新した。

年齢別では、
65歳未満 158,900円
65歳以上 673,400円
70歳以上 760,000円
75歳以上 830,000円

国民医療費は、医療保険が適用される治療にかかった費用の総額。
窓口負担や公費も含まれるが、健康診断や予防接種などは除かれて
いる。

同省によると、近年は高齢化に加え医療技術のレベルが高くなってきたことで毎年3%程度ずつ増加と伝えている。


この金額をどうとるか。

ここ10年あまりのGDPが横ばいか低下傾向なのに対して、
国民医療費は順調に右肩上がりになっているようです。(笑)

 「それでも医療費は必要なんだから仕方ない。」

ではすまないですよねぇ。

これからは医療費をできるだけ抑えるよう、
(税金の無駄遣いを無くしていくよう)
国民一人ひとりの努力が必要です!

特に糖尿病をはじめとした生活習慣病に関して言えば、
食事・運動などの生活スタイルの改善で予防できるし、
早期に治療を開始すれば医療費も低く抑えられます。

 「病になってあわてて治療を始めるのは、
  戦が始まってから武器を作り出すようなもの。」

という意味の古い格言を聞いたことがあります。

確かに、病気になっても日々の生活が忙しいからと、
症状が悪化するまで放っておく人のなんと多いことか。
最初にきちんとした対処をせずに長期間放置したことで、
余計に治療に時間がかかり、医療費の増大にもつながる。

これからは
病気を治すというよりも病気にならないように
予防医療にお金をかけていくべきなのでしょう。

一般的な代替補完療法が特定の体の部分を標的として
不調箇所に対し直接的に治療(療法)をおこなうのに対し、
リフレクソロジーという療法では、
身体の器官や臓器などの全てをその対象としており、
全体のバランスを整えることに主眼をおいています。

悪くなった→治す。ではなく、
自然治癒力、自己免疫力を高め心身のバランスを整えて、
病気になりにくい体を維持していくということが大事。
手軽にできて副作用のない安全なリフレクソロジーは
まさに予防医療にはうってつけではないかと思います。

もちろん、リフレクソロジーさえしていれば病にかからない…
なんて馬鹿な話ではなく、生活スタイルを見直したうえで、
そのプラスアルファとしての話です。

そして、自分のいままでの経験から、
リフレクソロジーを定期的に受けていると病になりにくく、
体調を崩しても、元の状態に戻りやすくなっています。
また精神面での安定などの効果もあがっています。

国の偉い方々、最先端医療も大切なことだとは思いますが、
ここらで少し目線を変えていただき、もっと身近なこと、
根本的なことである予防医療にも力をいれるべきなのでは。

たとえ目に見える効果がすぐに出ないものであったとしても、
リフレクソロジーをはじめとした予防効果のある代替補完医療を
国民の健康のため、国の財政のために奨励してほしいものです。

2010.11.20

蔵シックな夜

昨日、前職時代の友人と久しぶりに会って飲みました。
奈良駅前の居酒屋で食事してイイ感じにお酒もいただき、
家の方向が一緒なので帰り途にブラっと歩きがてら、
どこかもう一軒Barでも探して飲もうかってことに。

近所なんだけどよく知らない奈良町界隈にさしかかり、
灯りを発見して引き寄せられるように店の前へ。
 「ここやってるみたいだし行ってみようか」と中へ…

101119_001

続きを読む "蔵シックな夜" »

2010.11.17

ちらしずしとイノシシ

朝の冷え込みもだんだん厳しくなってきました。
奈良の紅葉もやっと見頃をむかえ、
目を楽しませてくれます。

と、そんな通勤途中でブラっと散策し
なにげに落ち葉を拾ってみてカゴに入れると

101115_007a

なんだかちらしずしみたい。
ちょっと美味しそうな見た目じゃないですか?

あとは壁に吊るしてみたり。

101112_001

101115_011

センスがない! と人から罵られましたが、いいんです。
秋の雰囲気さえ味わえれば!

そして昨晩、公園をジョギングしているとき、
突然森から黒い物体が飛び出してきて目の前を疾走!

ウワッ!!
と声には出してませんが、ビックリ!

なになに!?

とよく見てみるとイノシシ!
しかもデカい、自分と同じくらいはありそう。
(80kgくらいってことね)

前を通り過ぎた後、数m行って向きを変え、
ジッとこちらを凝視してる…

怖えぇ~!!

あのスピードだと逃げれるわけないし、
近くに登れそうな木もないし、
こりゃあ闘うしかないのか!?

という考えが頭をよぎりましたが、
暴れん坊君はひとしきりにらめっこした後、
踵を返してまた森のなかへと消えていきました。

「奈良で男性がイノシシに襲われ軽傷…」
なんて新聞記事にならなくてよかった。

ま、住宅街に出没して騒がれているんじゃなく、
彼らにとってこの地域は生息範囲内。
食べ物がなくて気が立ってるわけじゃあないし、
それほど恐れる必要はなかったのかな。

イノシシは山の神の化身とも言われてるので、
こりゃあなにか吉報の前触れかもしれん♪

なーんて良いように考えておきます。

2010.11.09

桜田門外

久しぶりに劇場で映画を観てきました。

いろいろ迷いましたが、
あえて「桜田門外ノ変」に決定!

101107_001

授業でも習った有名な歴史上の出来事ですが、
そこに至るまでの経緯や志士たちの葛藤などを、
深く掘り下げてありなかなか見ごたえがあった。

いまから150年前、

西欧列国の武力を盾とした強硬な外交を受けた日本。
外国から日本を護らんとした名もなき若者たちが、
独裁的な権力をふるい外国との貿易条約を締結した、
当時の政府高官をわずかな人数で襲撃して殺害。
それがきっかけとなり多くの若者たちが奮起して、
8年後の明治維新という大改革の礎となった。

いま現在、

中国との尖閣諸島問題にロシアとの北方領土問題、
中途半端な対応で日本は馬鹿にされ続けており、
アメリカとは基地移転問題が解決しておらず、
何ひとつシャキッとしない中途半端な政治が続き、
国民は鬱屈した感情がいまにも爆発しそう。

映画の終わりに国会議事堂がアップで映りますが、
ふがいない今の日本の政治の現状とラップさせ、
この映画ではメッセージとして伝えているよう。

日本の歴史を動かす原動力となった幕末の志士たち、
あらためて彼らの偉大な功績を讃えたいと思います。

現代の日本人も誇りや国を憂う気持ちを忘れず、
闘う気構えを持たなきゃちゃいかんですよね!

そして主役の水戸藩士を演じた「大沢たかお」
「ミッドナイト・イーグル」や「JIN-仁」もよかったけど、
さらに、めちゃめちゃ格好いいです!

彼は僕と1コしか違わんのよな~…
えらい違いです(苦笑)

2010.11.06

色づき

だんだんと紅葉も始まってきました。

101106_001

101106_003

101106_002

101106_005

101106_011

101106_009

101106_014

正倉院展も開催されており、
昼間は人混みと喧騒の奈良公園ですが、
やはり朝の澄んだ空気と静寂のなか
のんびりポタリングするは気持ちいい。

ちょっと得した気分になれます♪

2010.11.02

野生

昨日の晩、9時すぎからジョギングに出かけた。
すすと奈良公園の手前辺りに奈良交通のバスが、「回送」表示を出して停車している。

運転手か同社の社員らしき制服姿の男性が、暗闇のなかで必死に交通誘導している。

「なんだろうか?」

と、横を通り過ぎるときに道路に黒い物体が…

続きを読む "野生" »

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »