« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.26

密告

『不祥事の内部告発に“報奨”』

職員による不祥事が相次いでいることから、前橋市は、不祥事を内部告発した職員に対して報奨を出す制度を始めました。市では、不祥事の防止につながるとしていますが、専門家からは密告の助長になりかねないなどの指摘があり、今後、論議を呼びそうです。

報奨については、今後、具体的に検討するとしていますが、現金や金券などを想定しているということです。これについて総務省公務員課では「全国の自治体でほとんど聞いたことがない」としています。地方自治に詳しい群馬大学の北村純准教授は「報奨を出すことは密告の助長につながりかねず、特定の価値観に基づいて運用されるおそれもある。こうした制度の導入には十分な議論が必要だ」と指摘しています。

【NHKニュース】

はー、なんとせちがない…

そうまでしなきゃいけないのかねえ。

この「密告」という慣習、旧ソ連などの社会主義国家では多くあったようで、日本では江戸時代の徳川政権下では盛んにおこなわれていたようですね。
幕府に対して謀反を起こさぬよう、武士も町人も百姓もお互いが監視し合っていたようで、密告はお上から奨励されていたよう。
密告した人間はほめてつかわす。そして金一封という風習。

市民の税金を正しく使っていただくのは当然のこと。
でも、公の職務に就く自覚があれば、報酬なんぞもらわずとも、不正に気付いたときには当然のことながら自らが正していくべきでしょう。
なんで職員の不正を報告したことに対して、報酬として金品を渡す必要があるのか!

また、不正をおこなっていない人が密告によって疑いの目をかけられる冤罪の恐れなども懸念されます。

そして大人の社会でおこなうことは、必ずや子供たちの社会や成長に関しても影響を与えるもの。

こういう社会で育った子供が、人を信じる心を失い、極端な人間不信に陥ることや、姑息な人間となるやもしれんことを憂います。

2011.01.22

ぶらっと温泉

寒いですね。

それに雨も全然降らないから乾燥してカラカラ状態。

やたら冷えるし、潤いもほしいし…

 じゃあ温泉に!!

ってことで行ってきました。


日帰りで行ける圏内でどこかないかと探し、
兵庫県は但馬の「養父温泉」てのがあるので、
 いちど行ってみるべ!
と、昼前にのんびりと出発しました。

途中の山中はまあまあの積雪でしたが、
道路の凍結はなかったからスイスイ。

110121_002

で、目的の養父温泉に到着したけれども…
なんだか国道沿いの道の駅に併設されたとこで、
国民宿舎的な古びた鉄筋コンクリートの建物がポツリと。

イマイチ温泉的な盛り上がりにかける感じ。。。

 じゃ、せっかくここまで来たんだから
 このまま城崎まで行っちゃえ!


と国道をさらに北へと進むことに。


道も空いていたので、3時すぎには城崎に到着。
日が暮れる前に着いてよかった。

やっぱり但馬から足を延ばして海の近くまで来て正解。

奈良っ子としては、新鮮な魚が並んでるだけで
不思議とテンションが上がってきます。

110121_009

昼ご飯がまだだったのでとりあえず腹ごしらえに。

そして注文したのはやはり海鮮丼♪

110121_006

ンマ~い!!
もう何もいうことはないです。


温泉も中途半端な時間帯だったので空いてて、
ゆっくりと堪能することができました。

110121_012

110121_013

110121_015

美味しいご飯で満腹になり、
そして、温泉に浸かってほっこり温まり、
ガサガサお肌もツルツルになって大満足。
ついでに軽くスマートボールで遊んでみたり。

110121_014

城崎の滞在時間はわずか2時間と、
ちょっともったいない気もしましたが、
なんとも贅沢な日帰り温泉を楽しめました。

でもやっぱり次は泊まりでゆっくりと来て、
浴衣で外湯めぐりと海の幸を肴に美酒を楽しみたいですね。

110121_005

2011.01.18

認知症とリフレクソロジー 2

認知症患者へのリフレクソロジーでは多くの利点があり、当然のことながら一般の方と同じような効果も期待できます。

 ・心身のバランスを整える
 ・自己免疫力を高める
 ・自然治癒力を高める

これ以外にも、認知症患者では寝たきりであったり、徘徊のため一日中ダラダラと歩きまわっていて、浮腫になる頻度が高くなります。
浮腫になると足がダルく歩きづらくなるので転倒から骨折などを引き起こしQOLが著しく低下してしまいますが、リフレクソロジー施術によって浮腫の改善に向かわせることが期待できます。

また心地よい刺激が精神の安定を促し、暴力的な行動や発言の抑制につながることあり、何にも反応を示さない、何も受け入れられないという方においても、リフレクソロジーの刺激で心を開く場合があります。

脳には損傷した部位を他の神経経路を利用して失った機能を補おうとする力があるようです。
科学的な根拠はありませんが、リフレクソロジーの反射区への刺激で脳が活性化し、認知機能が一時的に改善することもあるかもしれません。

認知症患者へおこなうリフレクソロジー施術は、症状の差やその他の様々な要因により、一概にこういった方法がベストであると言うことを判断するのは難しいでしょう。

初回は弱めの圧で時間も短めでおこなうということが原則です。

カウンセリングだけで正しい情報が得られるとは限りませんので、クライアントをよく注意して観察し、思い込みだけで施術することは避けなければいけません。

続きを読む "認知症とリフレクソロジー 2" »

2011.01.17

認知症とリフレクソロジー 1

昨日はリフレ学院での講習会がありました。
テーマは「認知症とリフレクソロジー」

資格の更新時期が迫っており、必要な取得単位数の足りない人が駆け込みで受講されたりということもあってか多くの方の参加がみられました。

高齢化社会となった現代の日本において、老いに伴う体の衰えと同じように脳の老化による疾患も年々増加しており、高齢者に起きる様々な症状への対応は避けては通れません。
今回の受講者は高齢者施設関係の方も多くおられましたが、身近の方に認知症患者がおり、その対応に追われているという現実に直面されている方の参加も多かったようです。

僕自身、高齢者施設での出張リフレクソロジーの施術や、またサロンにおいても軽度の認知症と診断されている方が何人かおられるので、この問題の重要性を認識しています。

続きを読む "認知症とリフレクソロジー 1" »

2011.01.11

福よこい

昨日は西宮神社の「十日えびす」でしたね。
残念ながら行くことはできなかったのですが、
お正月の初詣にはここに参拝してきました。

110103_015

前回記事の「走ろうかい」の後に皆で行き、
参拝したあとおみくじを引くと、「吉」とでました。

110103_016

 「夏はあつく冬はさむくて年ぞよき
  よきはくるしみありてこそ知れ」

夏は暑く冬は寒いように、それなりに苦労はあるだろう。
そして「苦あれば楽あり」なのでよく辛抱しなさい。
というような意味ではないかと。。。

そして最後に、
 「このみくじにあたる人は
  心におもふことありとも
  にはかには成就しがたし」

と締めくくられています。 トホホ…

良くも悪くもない感じですが、
まー、真面目に一生懸命に取り組んでいけば、
それなりに良い方向に道は拓けてくるんでしょう。



そして「えべっさん」は大きな神社には行けませんでしたが、
奈良にある「南市恵比寿神社」に行ってきました。
春日大社の末社で、創建は鎌倉時代と伝えられています。

110104_003

ここは1月4日、5日と他の神社よりも早めにおこなわれ、
4日宵宮えびすの早い時間に行ったのでまだ人もまばらです。

昔から南市のえべっさんのことは知っていましたが、
今回こうしてお参りに行くのは初めてのこと。

110104_002

奈良町(南市)の細い路地のなかにある小さな神社ですが、
毎年多くの方が商売繁盛の祈願においでになられるようです。

さあ福を呼ぶことができますように。

110105_002

2011.01.05

走ろうかい

お正月の3日
やってきたのは阪神武庫川駅

110103_001

友人たちと参加したのは
「新年走ろう会」

武庫川の河川敷を新年早々から走っちゃおう!
といういかにも健康的な集いです。

110103_003

続きを読む "走ろうかい" »

2011.01.04

カウントダウン

いよいよ年越しの12月31日。

101229_001

晩から友人たち4人でナガシマリゾートまで
カウントダウンに行こうということに。

メンバーの仕事の都合上20時くらいに大阪を出発!

最初は車も空いてて快調に車を走らせてましたが、
途中から雪と路面凍結などで次第に渋滞に。

果たして間に合うんだろうか…

101231_000

続きを読む "カウントダウン" »

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »