« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.23

夜梅と平城京

しかし今週になって暖かくなりましたね。
先週の初めに降った大雪がまるで嘘のよう。

気温が上がるとなんだか体を動かしたくなります。

最近サボりがちだったので、久しぶりにジョグしに行くと、
奈良公園内の片岡梅林では梅が花を咲かせていました。

110222_002_2

夜桜ってのはよく聞くけど、夜梅ってあまり聞かないですね。
水戸の偕楽園では「夜梅祭」ってのがあるらしいけど。

でも晩にひっそりと咲く梅も幻想的でなかなか素敵。

110222_005

ウグイスの声はまだ聞いていないけど、
暖かい風が春はもうすぐだと感じさせてくれます。

そして今朝もよい天気で気持ちよい朝だったので、
早めに店に行き、平城京に散歩に行ってきました。

店から10分ほど歩き、住宅街と畑を抜けると、
南東の端にある東院庭園隅楼の鳳凰が出迎えてくれます。

110223_001

昨年は遷都1300年祭で早朝からたくさんの人が見られましたが、
いまでは人影もまばらで、大極殿にも誰もいない。

110223_005_2

まるで広場でサッカーができそうです。

110223_004

仮設道路やパビリオンなどもどんどん撤去されて、
去年のあの喧騒も遠い昔のことのよう。

もうすぐ静寂と野鳥たちの楽園に戻るのでしょう。

110223_007

でも遺跡の真ん中をぶち抜く近鉄の線路。
こればっかりはどうにもなんないですよねぇ。

110223_008

2011.02.19

スーパーマシン!?

先日、いつもの高齢者施設に出張に行ってきたとき。

110218_001


施術スペースの機能回復訓練室に見慣れないものが…

ん、これって?

110218_002

ランボルギーニじゃん!!

110218_004

自分たち世代にとっては憧れのスーパーカー!

Img93f8bda3zik3zj

もとはイタリアでトラクターを作ってる会社だったらしいが、
最近は流行りの健康グッズまで作ってるんですね~。

なにせ「猛牛」のエンブレムが輝いていますから、
おそらくその振動はハンパないのではないかと。

ま、たぶん健康グッズ関連業者が施設に営業に来て、
「お試しに」と無理やり置いていったものなんでしょう。

110218_003

施設に入所してる80歳オーバーのお年寄りが、
ブルブルマシンやロデオに乗ってる姿は、
さすがに恐ろしくて想像できません。

関節がバラバラになっちゃいそうで。。。

2011.02.13

ゆきユキ雪

2月11日、奈良は久しぶりの積雪。

静寂な雪の日の朝

いつもの道路もまるで違って見えます。

110211_017

天からの白い贈り物は、
景色を美しく包みこむだけでなく、
喧騒をも包み込んでしまうよう。

110211_006

興福寺五重塔

110211_014

東大寺二月堂

110211_023

お水とり(修二会)を行う練行衆の僧侶たちは
この寒さのなか修行をおこなっておられるのでしょう。

3月12日の籠松明に使われる根付きの竹も
雪のなかでその日を静かに待っているようです。

110211_026

鹿たちにとっては天からの贈り物、
なんて言ってられないですね。

110211_009

雪の下に草が隠れちゃったからか、
松葉が今朝の朝食のようです。

110211_002

続きを読む "ゆきユキ雪" »

2011.02.10

○○ぶり

やっと雨が降りましたね。

奈良は去年12月13日からの雨だからなんと57日ぶりの雨!
これだけ雨が降らなかったのはちょっと記憶にないですね。
続いてた乾燥注意報も解除され、少しは潤い戻ってきたかな。
でもまだまだ降り足らない感じで、もう少し湿り気がほしいとこです。

そして昨日は運転免許の更新にこちらは3年ぶりに行きました。
 『免許更新と寄り道』

違反運転者なので、5年ではなく3年です。
 『魔が差した』
きっちり講習も受講してきましたよ。
講習を受けてしばらくは違反しないぞ!と思うんですけどねぇ…

そして新しい免許証、知らぬ間にハイテク化されています。
免許証にはICチップが埋め込んであり、少し厚くなっています。
写真データなどの個人情報が登録されてるらしい。

もし写真の貼り替えなどをして偽造免許証を作ったとしても、
ICチップ内蔵の免許証であればパソコンで読み込むと
本人の写真が映像で表れて確実に本人確認が出来るらしい。

新しい免許証を光に透かしてみるとICチップが見えます。
いやー時代の流れですね。

110209_004

それと、
裏面には臓器提供に関する意思表示の文章が…

うーん。。。
まあ事故などの場合、まず見るのが免許証ですから、
臓器提供の意思の有無は免許証に記載してあれば一目瞭然です。

記入するか否かは各人の自由らしいのですが、
大事なことなのでよく熟慮して決めていただきたいものです。

僕自身は臓器ネット登録で提供の意思表示をしていますが、
 『提供しますか?』
最近になってもう一度考え直してみる必要を感じています。
なのでとりあえず免許証裏面への署名はせずにおこうかと。

まあ臓器移植の是非の問題は置いといて、
運転免許証の裏にその記載がされてるということで、
多くの人が考える機会を持つのはよいことなのかもしれません。

110209_003

しかし…
免許証の更新はもう9回目?なのですが、
いっつも顔写真がまるで指名手配犯のように写り、
いまいち気にいらないのは何故なんでしょ…

2011.02.02

自然の猛威

昨日から2月となり、凍えきってた1月と比べると、
奈良は少~し寒さも緩んだ感じとなりました。

ま、寒いっても雪国に比べたらどうってことないんでしょう。

各地で記録更新をする豪雪に見舞われおり、
今年は大雪による死者が戦後二番目に多いのだとか…
昔に比べて除雪設備などは格段に進歩してるはずなのに、
自然の前では文明の力も本当に無力なんですね。

自然の脅威といえば、霧島連山の新燃岳の大規模噴火。
TV画像で見るだけですが、すごいパワーですね。
空気の振動で建物を揺らしたり窓ガラスが割れたりと、
人の力など到底及ばない絶対的な力をまざまざと感じます。

そして人に何らかの警鐘を鳴らしているような気もします。

昨日の晩は久しぶりに奈良公園のなかをジョギングしたのですが、
いつの間にやら土の道だった遊歩道がきれいに舗装されている。
そりゃあ観光で来られた方にとっては歩きやすいだろうし、
晩の暗い中を走ってるときには石ころも無く助かります。

が、本当に必要なのか?

雨が降れば水たまりができ、少々ぬかるむことも、
お天気が続けば歩くとホコリが舞い上がることも、
すべてがそのまま自然で当たり前なことですからねぇ。

小さなことだけど、そのままで変えずともいいところを
あえて人間が手を加えて変えてしまっていることが、
やがては自然のバランスを失わせていくのでしょう。

大雪や火山噴火で被害を受けておられる地方の方々が、
なんとか早くに普段通りの生活を取り戻すことができ、
そして暖かく穏やかな春を迎えられるように願っています。

でも月が変わったとはいえ、早朝はまだまだ寒い!

サロンまでは自転車に乗って通っているのですが、
フェイスガードなど完全防寒でペダルを漕いでいます。

あぁーでもいくら寒さしのぎとは言えこの姿はヤバいかも。

まるでコンビニ強盗みたいですなあ。

110202_001

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »