« 一瞬 | トップページ | 薄化粧 »

2012.01.30

ビッグフット

北米にいるとされる未知の大型類人猿「ビッグフット」を科学的に研究しようと、米アイダホ州立大が今月、世界初の専門の電子版学術誌を開設した。

 ビッグフットは、ゴリラを大きくしたような体格で二足歩行し、北米の太平洋側を中心に目撃や足跡の報告が絶えない。しかし、いたずらや見間違いも多く、科学界では長く、未確認飛行物体(UFO)や幽霊などと同様のたわごととして無視されてきた。

ビッグフットは身長2メートル以上で夜行性で、約10万年前に絶滅した身長3メートルの巨大類人猿ギガントピテクスの生き残りが、当時陸続きだったベーリング海峡をわたって北米に分布を広げたのではないかなどと真剣に議論している。アジアの「雪男」(イエティ)などは近縁種とみられる。

120130_011_2

(2012年1月24日15時12分  読売新聞)

*********************************************************


足に関するニュースなので載っけてみました。

でもこういう未知のものを対象に真面目に研究するって、
なんだか夢があってワクワクしてきますね。

リフレクソロジーもそのエネルギーは科学的には未知であり、
こういった取り組みには希望の光が見える気がします。

ビッグフットの足型の写真を観察してみると、
まだ土ふまずの形成が不十分なように見えます。

土ふまずがあるのって人間だけなんですよね。
これは直立二足歩行を常時おこなうのに有効なため、
だんだんと足のアーチを形成していったようです。

ビッグフットは普段は四足歩行をおこなっており、
まだ完全な二足歩行ではないのかもしれませんね。

ちなみにヒトの足(足首から先の部分)というのは、
その人の骨格と非常に似かよって形作られています。

指の長い人は首が長かったり、足巾の広い人は肩幅も広く、
踵(カカト)の小さい人はお尻が小さかったりと。

自分の足を見てみると、幅広、甲高で指が短く…
本当に自分の体格がその通りに反射していて、
まるで分身のようだとブサイクな足に愛着が湧いてきます。

« 一瞬 | トップページ | 薄化粧 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おじさんは、ビッグフットと聞くと、
創世記のファンスキーを思い出しました。

いまでこそ多種多様なファンスキーがありますが、
新しいモノ好きな自分が始めた頃は、
まだビッグフットの他に二種類くらいしかなかったの。

いまはもう、スノースクートに移りましたが、
今年は息子のスキー指導で久々に履くかなぁ。
ま、今は全然行ける気温じゃないけどねw

いつも、なんでも研究してる人ってどっかにいるよな~と思うわ。
こんな事も調べてたんみたいな分野でもhappy02
成果が出ないかも知れないことを、地道にこつこつ調べるって苦手やから感心するねんな~。

うむ。足の指長い→首長いw
ほぼ私の長身は首です。
あたってるkkkkkk なるほどぉ

>まぁさん

いたいた! 20年くらい前ですかね。
ストックも持たず妙な人がいるなと思ってました、
ビッグフット、あの当時は結構流行りましたよねぇ。
逆にいまゲレンデではくと新鮮かもしれませんよ。

最近は雪山もとんとごぶさたですが、来週行く予定。
でも翌日の筋肉痛が怖いな~…

>づっきゃんさん

成果が出ないかも… ま、確かに。

でもビッグフットはきっといてます!
ネッシーだって、火星人だって、いったんもめんだっているはず!!

>やよねぇさん

首長族か! でもなんかわかるwww

他にも自分の体と似通ってる部分があるはずだから、
また鏡に映してじっくりと見てみて~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/53860603

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグフット:

« 一瞬 | トップページ | 薄化粧 »