« 天上の楽園 | トップページ | 足を読む »

2012.02.21

脅威の車中泊

日中は少し寒さもマシにはなっていますが、
朝の冷え込みは厳しくまだまだ春は遠い感じ。

奈良公園内にある片岡梅林

120220_002

一輪さけ咲いてる梅の木があったがまだまだ硬い蕾が多い。
例年なら3~4分は咲いていてもおかしくない時期ですが。

鹿たちも朝陽が昇ると陽だまりに集まってきます。

120220_003

凍った池の上にセキレイが不思議そうに佇んでいる。

120220_006
鳥たちも「なんで今年はこんなにも寒いのだろうか」
と思っているのかもしれませんね。

昨日のニュースですが、

 スウェーデン北部の森のなかで、雪に埋もれた車の中に食料なしで約2か月間閉じ込められていた男性(45)が生存した状態で発見されたと報告された。
 地元警察の幹部は「男性は昨年の12月19日以来、雪以外は何も食べていなかったようだ。非常にやせており、かなり衰弱した状態にある」との声明を発表。
 病院に搬送された男性は集中治療室で治療を受け、回復に向かっている。医師は地元紙に「熊のような冬眠状態になり、体力を使わなかったのが良かったのでは」と答えている。
 通常の体温では10日から2週間が限度であり、今回は31度前後まで体温が下がったことで冬眠状態となり新陳代謝が弱まったことで2か月間も生き延びることができたのではと分析されている。
 今冬、欧州は記録的寒波に見舞われ、北極圏に近いスウェーデン北部では零下30度まで下がる日もあった。

以前にも日本で同じように山で遭難した男性がおられ、
20日以上も飲まず食わずで奇跡的に助かった記事がありました。
http://soultosole.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_d7b3.html

しかし、六甲山の10月と、スウェーデンの厳冬期では、
その環境の厳しさの違いは比較にならないのでは。
しかもいくら車の中とはいえ、氷点下で60日間も…

あらためて人間が秘めている力に驚嘆します。

あーでも早く暖かくなってほしいものです。

« 天上の楽園 | トップページ | 足を読む »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うん。。。

もう雪 いらない

インフルエンザも いらない

どうやら 仕事の山場をむかえそうですわ

戦闘モード ON

嫁とか どうでもよくなったw

>北の人

…のようですね。
これ以上拡大しないことを祈ってます。

こちらは雨ですわ。
しかもなんだか暖かい感じでして、春の雨っぽい。
これが止むとスギ花粉が飛ぶようになるんでしょう。
なんだか雪に苦しむ地方の方には申し訳ない気もします…


あっ、仕事も大事だけどヨメも大事にね!www

梅林と後ろの建物・・・

だいぶん行ってませんがいいですね^^@

今年は開花がおくれていますね。

桜も遅れるのかな?

>やっぴさん

梅と桜が一緒になるかもしれませんね。

まぁそれはそれでイイかもしれない♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/54040135

この記事へのトラックバック一覧です: 脅威の車中泊:

« 天上の楽園 | トップページ | 足を読む »