« 悠久のワイン | トップページ | 尖足 »

2012.04.17

佐保川桜と奈良の偉人

今年は桜の開花が大幅に遅れたり、
雨の多い天候や所用などで、結局お花見はせず仕舞い。
近所の佐保川の桜並木をブラっと眺めて終わりました。

120413_012

自転車通勤でもよく通るこの道なのですが、
ゆっくり川べりを歩くと橋のたもとに妙な石の彫刻を発見。

120417_001

川の対岸からではよく見えず、いままで見逃していたよう。

これは「吉村長慶」という方が私費で設置されたもの。

幕末から昭和にかけて活動されていた豪快な方のようで、
慶応義塾に入学し、中途で退学した後に大隈重信と交わり、
その後は商人、相場師、政治家、仏僧…と多くの顔をもち、
各地に橋をかけたり石碑などを建造された人物らしい。

120413_017

写真には十字架を背負った人物と、あと二人が彫られている。
これは「キリスト、釈迦、仏陀」を表しているらしいのですが、
書かれている文字はちょっと解読するのは難しい。

 喝汝(カツなんじ)及汝等信徒よ
  此高光大御神(このたかびかるおおみかみ)に合掌禮拜せよ

日の光のもとに真理は一つ、世界中の様々は宗教は統一せよ。

と、いうような意味らしい。

今は静かな流れの佐保川も昔はよく水害に見舞われたらしい。
そのたびに木製の橋は何度も濁流に流されていたが、
石橋である長慶橋は洪水がきてもびくともしなかったようだ。

120417_003

その石橋の欄干が新しいコンクリーと製の橋のたもとに、
なかば土中に埋められてその顔をのぞかせている。

いまでこそ災害が少なく暮らしやすい奈良の街は、
こういった方たちの尽力も大きいのでしょう。

万葉集で多くの歌人にも詠まれている佐保川。

いつまでも美しく流れ続けてほしいものです。

120413_015

120413_022

120413_024

120413_028

120413_018_2

120413_021

« 悠久のワイン | トップページ | 尖足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何枚か保存しました。
壁紙にします。

あの、木製ジェットコースターの画像も、
今でもパソコンの背景を飾ってるよ。

100枚くらいのランダム表示なんで、
たまーにですけど・・・汗

知らない奈良がいっぱいありますね^^;

>まぁさん

写真、あまりうまく撮れてないんですけどねぇ。
この5倍くらいの枚数を撮影し、選りすぐりがコレだし…

ま、たまには懐かしの奈良を思い出してください♪

>○○さん

そう、まだまだ知らない奈良のことはたくさんありますね。

というか一割も知っていない気がしています。
老人になる頃には半分くらい把握できてるかな?

佐保川は綺麗よな~。川辺に両側からってのが1番綺麗やと思うわ
有名なところより、近所の川沿いが1番きれいよな~

>づっきゃんさん

有名どころも確かにいいんやけど、
地元の桜はなんだか違う意味でいいよねえ。
綺麗に咲いてくれるとホッと安心できる気がする。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐保川桜と奈良の偉人:

« 悠久のワイン | トップページ | 尖足 »