« ルーツ・オブ・レジェンド | トップページ | 秋晴れの休日 »

2012.10.11

科学と自然

京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の研究により、2012年のノーベル医学生理学賞を受賞されました。

日本人として本当に誇らしいことであり、また山中教授が関西人であることや、以前に研究されていた奈良先端技術大学は、僕が前職の建設会社時代に職員宿舎棟新築工事に関わっていたことなどで、なんとなく近しい思いがしています。

連日のTVインタビューでわかる通り、大変な偉業を達成された方でありながら、研究者ぽくない一般の我々に近い感覚をお持ちの気さくなお人柄だということが、なんとなく親しみを感じさせる先生ですね。

今年のフットケア学会で、たまたまゲストとしておいでになり、iPS細胞や医学界のことについての講演を拝聴する機会があったのですが、そのときもやはりジョークをまじえながら、とても解りやすいお話をしていただけました。

最初、このiPS細胞の発明を知ったときは、ものすごい発見だと感じたのと同時に、大変怖ろしい発明でもあると感じました。
同じようにお考えになった方は多いのではないかと思います。

今まではいったん壊れた細胞(臓器や神経など)は治らないか他人の臓器などを移植するしかなかったものが、iPS細胞の発見により治ってしまうかもしれない。

でも、いったん壊れたものは元通りににならないのが自然の法則・摂理であり、また寿命がくれば生き物は死ぬことが当然であり、その領域を侵すことは神への冒涜になるのでは…
というようなことを考えさせられました。

でもこのことは発明者である山中教授が誰よりも危惧しておられ、この発明の様々なリスクについても常にお考えの様子です。
金持ちの老人の寿命を延ばすようなものでなく、難病患者などのQOLが少しでも改善されるような有効利用を考えて臨床での活用に向けて取り組んでおられるとのこと。
少しでも早く臨床現場での利用がおこなわれて、多くの患者の苦しみが取り除かれることを願っています。

我々の祖先は鋭い爪も牙も持たない変わりに知恵を授けられた。
二本足で立ち、頭脳と手を使って武器を作り敵から身を守り、着るものや家を作って厳しい自然環境を防ぎ、農業や工業を発展させて体力的に劣ったこの種を繁栄させて現代に至っています。

科学技術の発展はヒトの特権ではありますが、自然との調和というのはとても大切であり、そのバランスを崩してしまうことは自らの破滅を導く結果となってしまいます。

科学的な対応をするか、自然のままに任せるか、自分たちの普段の生活のいたるところにその選択があります。

 車を使うかそれとも歩こうか、
 冷房を入れようかそれとも窓を開けようか、
 医者にかかるべきか自分で治そうか、
という選択も科学か自然かの選択の一つですね。

リフレクソロジーは補完医療という分野であり、そのどちらをも補うという特性があります。
現代医療での治療が必用な場合、病や怪我に必用な治療の効果を促したり、または強すぎる治療の効果を緩和させて体への負担を少なくさせることができます。

そして体が自らの力で治ろうとする自然治癒力や体を守る免疫力を正常に働かせてバランスを整える効果があります。

人間は科学の力なくしてはもはや生きて行くことはできませんが、科学技術だけに一辺倒になるのではなく、うまく利用しながらできるだけ自然の力を尊重する形を選択していくことが、健康や人生の幸福につながるのではないかと思います。

iPS細胞の発明が自然の調和を壊すことなく、今後の人類の未来にとって有効に利用されるように願っています。

山中伸弥先生、
ノーベル賞の受賞、本当におめでとうございました。
今後のご活躍に期待しています。

« ルーツ・オブ・レジェンド | トップページ | 秋晴れの休日 »

ニュース」カテゴリの記事

リフレクソロジー」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/55868008

この記事へのトラックバック一覧です: 科学と自然:

« ルーツ・オブ・レジェンド | トップページ | 秋晴れの休日 »