« 春まだ遠し | トップページ | 動きがこころをつくる »

2013.03.28

長生きし過ぎ?

長い冬のあとは急激に春がおとづれて、
ついこのあいだ梅が咲いたと思ったら、
もう桜も開花して週末には満開だとか。
季節の移ろいは早いものですね。
いや、自分のペースが落ちて早く感じるのか。。。

今朝のニュースより

Market_jinkou

2040年には全都道府県で65歳以上の高齢者の割合が人口の3割を超す――。そんな推計を、国立社会保障・人口問題研究所が27日、公表した。10年から40年にかけて65歳以上の人口が1.6倍に増える神奈川県のほか、埼玉県、千葉県、東京都、愛知県、滋賀県などで高齢者人口が1.4倍以上になると見込まれる。都市部で急速に高齢化が進む未来図が浮かんだ。

近い未来、なんだか恐ろしい世の中になりそうです。
2040年といえば自分は73歳になってる。
そしておそらくは生きて存在してることでしょう。

関連して、親友まぁさんのブログを転載させていただきました。

    ******************************************

18982010_2

100名の入所者を毎日診ていると、つくづく
「ヒト身体って80まで持つようには設計されてないな」
と思う事が多い

まず100名全員、ひとりも腎機能が正常な人が居ないという事実
GFR値にして、健常人の半分以下まで機能がおちている
おそらく腎臓は還暦くらいまでしか持たない設計なんだろう

次の鬼門は膝関節
約半数の患者に変形性膝関節症があり、歩行困難〜不能である
膝もおそらく、50〜60歳が耐用年数なんだろう

腰椎、これも3〜4割の方に圧迫骨折がある
このための腰痛に、先の膝の痛みも加わって
歩ける患者は現在、100人中2人しか居ない
つまり98名が車椅子である

最後に、、、脳
100名中90名に記銘力障害があり
これも果たして認知症と呼ぶべきなのか、単なる老化なのか
カルテの病名付けに苦渋する

80までに脳の体積が3割ほど減ることや
70代の2人に1人に脳梗塞があることを考慮すると
脳もおそらく、還暦あたりまでの設計なんだろう

トップのグラフの通り、ほんの半世紀前までは
平均寿命は50歳以下であった
医学の進歩で寿命は伸びたが、進化が間に合っていない
そのために人間は。身体各所に苦痛やトラブルを持って
生活せざるを得なくなった
もともと50年しか持たないように、身体が設計されているからだ

いま、自分は48歳
人生折り返し・・・なんて良く言われる年代だが、
50年前ならもう、寿命到来という年代である

確かにこの頃、飛蚊症で左目の外側はゴミだらけだし
排尿には若者の3倍時間を要するし
寝ている間に胃液を誤飲して、ムセ返って飛び起きる事もしばしば
秋と春には何だか膝も痛み出した

何というか、「寿命を超えている感」を感じる機会が
急にこの2〜3数年で多くなってきた

長生きしたいとは全く思わないし、この世に未練もない
患者を無理に延命させ苦痛の時間を伸ばすこともしていないが
48歳、果たして本当に、ここが折り返しなんだろうか
どうも、ゴールし終えたような気がしてならないこの頃である

結論:ヒトの医学的耐用年数は50年

    ******************************************

医師として老人医療を通して生体を診ている観点から、
また高齢者施設での現状を日々体感しておられ、
そして実際に自身への老化の足音をも感じたうえでの意見。
なるほどな~と納得です。

人生50年から人生100年になりつつあります。
しかも不安定(不完全)な状態での寿命の延び。

どう生きるべきか
どう死ぬべきか

真剣に考えておかねばなりませんね。

« 春まだ遠し | トップページ | 動きがこころをつくる »

ニュース」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

会ったことの無い親友のまぁですw
いや、小学校の校舎内で何度かは、
過去に確実に会ってるはずだけど。

チラ裏記事を。表舞台に立たせてくれて、
どうもありがとうございます。
自分の周りの100名は、全員が要介護者だから、
統計には、かなり偏りがあるんだけどね。

それにしても、老健で独歩が2名ってのは、
もう完全に病院化してるよね。
特養の入所待ちを3年続けてる入所者も居る。
現状でこんな状態だから、どうなっちゃうんだろうね、
オレ達の老後の居場所。。。

>まぁさん

親愛なる友人って意味の親友ね♪
ほんとはソウルメイトって書こうかと思ったんだけどね。
なんだかわかりにくいし、心の友ってことでwww

特養だから要介護3~5の人が多いんだろうね。
それにしても自立歩行が2/100の確率かあ。。。
寝たきりになってもそこからまた長いんだろうし。o(-_-;*)

ほんと自分たちの老後なんて想像もできない、
悲惨な現実が待ち受けていることだけは確実だろうね。
長生きなんてするもんじゃねー、って声が聞こえてきそう。

救命と延命との線引きを再考するべきでしょうね。
無意味な医療行為で寿命を引き延ばされることがないよう、
法整備していかないとホント「老人の国」になっちゃうわ。

あ、特養じゃなくて老健だよ〜
特養は嘱託医制で、常勤医不要だからさ

あと車椅子98人ってのも間違いだったね
寝たきりが30名くらいだから68名くらいかな

ま、要するに独歩が2名には間違いない
食堂のテーブルに椅子が2個しか無いから

3年半ほどこの稼業を続けてきたけど
365日24時間オンコール待機ってのが
そろそろ精神的に限界に近づいてる

心からオフにできる瞬間が1秒も無いのさ
常に過緊張状態から開放されないの
釣りにもキャンプにも行けないから
子供も可哀想だしね

ぶっちゃけ、療養型の勤務医時代の2倍は
働いてる(夜の緊急出動も含めて)のに
報酬はほぼ半減・・・やってられんわ

行政は老健医の待遇もどうにかしないと
やる人いなくなるよ、このままじゃ
最低でも100名なら医師2名は必須だと思う

>まぁさん

ほんと厳しい職場状況、よくやっておられるなといつも思ってます。
でもますます年寄りは増えるわ、医者は足らんわでこの先条件が良くなることってないんでしょうねえ。
医療を提供する側もされる側もどんどん疲弊してきて、いつか崩壊するんでしょう(もうしてるか…)
戦中は「贅沢は敵」なんて言われてましたが、「長生きは敵」って言葉ができるかもねえ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/57049047

この記事へのトラックバック一覧です: 長生きし過ぎ?:

« 春まだ遠し | トップページ | 動きがこころをつくる »