« マインドフルネス 1 | トップページ | マインドフルネス 3 »

2013.07.01

マインドフルネス 2

前回は呼吸についてのことを述べましたが、良い呼吸をおこなうためには「正しい姿勢」が不可欠です。

普段から何気なくおこなっている呼吸ですが、多くの人はうまく呼吸をおこなえていないようです。
しかし正しい姿勢になることで、きちんとした呼吸ができます。

ん?、正しい姿勢?
これがなかなか難しい。

まず「仙骨を意識する」ということが大事。
でも仙骨? 意識? と言われてもピンときません。

脊椎は骨盤を形作る骨の一部で、脊椎の下部にあって背骨をしっかりと支えている体の土台となる骨です。
「仙人の骨」と書き、英語でもセイクラム(sacrum=sacred bone 「聖なる骨」)と呼ばれるように、古くから不思議な力をもつ骨と認識されてきました。

「仙骨を立てる」ということを意識することがまず大事。
口での説明は難しいので画を描いてみました。
ヘタクソですが、解りやすいんじゃないですかねえ。

130701_002_001

  ・左が正しい姿勢   ・右が誤った姿勢

仙骨が正しい位置、正しい向きにないと、骨盤自体が傾斜してしまい内蔵を圧迫して深い呼吸をおこなうことができません。また背骨と直結しているのですから、上部にある脳にも大きな影響を与えてしまいます。
脊椎の各椎間板からは多くの神経が体全体に大事な指令を与えるために出ていますが、それらにも全て影響を与えるので、仙骨の位置ひとつで体全体の健康に大きく左右するということです。

まずは、仙骨を立てた状態を自然に保てる体作りから始めます。
頭の先からお尻まで背骨を真っ直ぐにした姿勢。
これが最初のうちは背中や腰が痛くなったりと大変なのですが、慣れるとこのほうが楽で長時間同じ姿勢を続けられます。

呼吸には大きく分けて胸式呼吸と腹式呼吸があります。

胸式呼吸は胸を前方に膨らませる呼吸法ですが、これは肋骨が邪魔をして多くの酸素を肺に取り入れることができません。
腹式呼吸はお腹を膨らませるのですが、これは肺の下部にある横隔膜を動かして肺を下側に広げてる方法ですが、訓練によって多くの酸素を取り入れることができます。

しかし内蔵が圧迫された状態では横隔膜の上下の範囲が狭められて多くの酸素の取り込みができません。
そのためにも「仙骨を立てる」ということが重要なのです。

姿勢を正し、深い呼吸がおこなえると背骨の動きが感じられるようになります。
一息ごとに背骨の律動が体全体をマッサージしてくれることが感じられ、全身のすみずみにまで新鮮な酸素が行き渡り、また神経の圧迫が取り除かれることで、さまざまな伝達物質やホルモンバランスなども正常に保たれるよう、「自らの体」がおこなってくれます。
自律神経など精神面での安定も得ることができ、心身ともに健康な体に近づいていきます。

肩こりや腰痛でお悩みの方は、まずこの姿勢を正すことから始めてみるといいでしょう。
1ヶ月も続けてみると見違えるように楽になるはずです。

今回学んだことの大事な一つとして、この「呼吸」とそれをおこなうための「正しい姿勢」がありました。
ストレスから解放されるために瞑想をおこなうその前に、まずこの体作りというものが先にあります。
昔っから「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言いますが、まさにその通りで、心を安定させるためには、まず先に体のほうをどうにかしなきゃイカン! ということです。

そして何度も言いますが、継続することが大事!

« マインドフルネス 1 | トップページ | マインドフルネス 3 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

マインドフルネス」カテゴリの記事

コメント

そう、その継続が難しいんですよね。
マインドフルネスヨーガ、一つのポーズだけでも続けようと思いつつ、いつの間にか・・・
この姿勢、骨盤がアンカーで、背骨がウィンナーのように吊り下がってると教わりました。
自分に注意を向けるだけでも、大切ですね。
ソウルさんのブログで、ちょっと思い出したのでまた継続してみます。。。

>うえだいちこさん

骨盤をアンカーにして吊り下がって…
たぶん同じものなのかな、講義してくださった春木先生から野口体操の「ぶらさがり体操」というのを教わりました。
http://ningentoengekikenkyu.blog.fc2.com/blog-category-3.html
筋肉の緊張は人の意思で容易にできるが、筋弛緩は難しい。けれども重力を利用すると筋肉を緩めることができると。
自分も毎日ではないですが行っており、人にも伝えています。
ちょっと目からウロコでしたね。

>ソウルさん

興味深いブログを、ご紹介していただきありがとうございます。
私は伊藤華野先生から「マインドフルネス」のことは教わりました。
http://www.itokano.com/profile.html

源流をたどれば、同じところに行きつくのかもわかりませんね。

天正寺の住職佐々木奘堂さんも、マインドフルネスのことを教えていただいたことあります。
http://www.geocities.jp/tensho_ji/index.html
姿勢や呼吸のことなど、めちゃめちゃ詳しい方です。
一度、座禅会にチャレンジしたいと思いつつ・・・です。

>うえだいちこさん

そうですね、元はJ.カバットジン博士が考え出した方法なので、同じ源流だと思います。

座禅は先月、お寺で初体験してきました。
たまたま通っている合気道の本部道場が曹洞宗の禅寺なので毎週されている坐禅会に参加しました。
いやーなんだか緊張でうまく集中できなかったんですが、また近々行きたいと思っています。

「仙骨を立てる」
ゴスペルの時には毎回意識してるけど、
練習終わって帰りのクルマではすでに倒れてますw

これって、ちゃんとクセになれば自然に常時
できるようになるのかなぁ。。。

>まぁさん

うーん、自然にできるようになるのかなあ。
そうなれば理想だと思うんですが意識してないとすぐに倒れてしまいます。
TVでマサイとか太古の暮らしそのままの人たちを見てると、彼らはきれいに仙骨が立ってますよね。
自然の理にかなっているんでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マインドフルネス 2:

« マインドフルネス 1 | トップページ | マインドフルネス 3 »