« ◆お知らせ (7/29追記) | トップページ | わたしのなかのすてきなわたし »

2013.07.31

マインドフルネス 4

マインドフルネス瞑想をおこなううえで次の七つの態度が重要です。

①自分で評価をくださないこと
②忍耐強いこと
③初心を忘れないこと
④自分を信じること
⑤むやみに努力しないこと
⑥受け入れること
⑦とらわれないこと

そして毎日欠かさずにおこなうことが必要です。
スポーツ選手が試合の一瞬のために毎日トレーニングを続けているのと同じで、まずは結果が出る出ないなどは考えずにひらすら継続することが重要です。

リラクゼーションであれば終わったあとにリラックスできていなければ失敗となりますが、マインドフルネス瞑想法の場合はうまくいかなくとも、それが「今の自分」であることを受け入れ観察するという姿勢なので失敗というものはありません。

瞑想をおこない意識を集中させると心の表面化での感情に気づきます。自分の心の動き、頭の中の声が聞こえてきます。絶え間なく続く感情の動きは「マインドトーク」というものです。

「あの時ああしていれば… 彼があんなことをしなければ…」などネガティブな感情が頭から離れないという場合も多いでしょう。または、「これだけ努力したのだからきっとこうなるはず… あの人はきっとこんなことを自分にしてくれるだろう…」といった起こってもいない未来への過度の期待や不安など。

マインドトークは無意識下で起こる頭の中のおしゃべりで、蓄積された記憶の中から供給され、有用なものも有害なものもあります。

過去の経験から引き出された嫌な思い出が蘇りネガティブな感情や未来への不安の感情などが沸き出すとストレス源となってしまい、マインドトークに心を奪われてしまうと、今おこっている大切なことに対して無関心になってしまうこともあります。

しかしながら、そのような頭の中の声を意識的にコントロールすることにより、過去の記憶と結びついたマイナス感情や未来の出来事への不安など、沸き起こるマインドトークを避けることができます。

また、このマインドトークが出てくることは決してマイナスだと考えないことが大切です。
マインドトークが出てきて「ダメだダメだ」と自分で思ってしまうこともまたマインドトークに翻弄されていることとなります。

マインドトークが出てくることは人にとって自然なことで、無理にシャットアウトしてしまうのではなく、どのような感情や思いが自分のなかで起こっているかを洞察することが必要です。
マインドトークを押し殺すのではなく、それにとらわれることを避けるのがマインドフルネス瞑想で重要なことです。

マインドトークは自分の頭の中で勝手に創り上げたイメージでしかなく、本当の自分でも他の誰かでもないのです。

マインドトークとは対照的にマインドフルネスは意識的にいま、この瞬間に起こっていることに全ての神経を集中させます。
「マインドトーク」に翻弄されてストレスに苛まれる日々から「マインドフルネス」状態にはいることによって、現在のこの瞬間を幸福に生きることができます。

過去や未来、周囲の刻一刻と移り変わる出来事に翻弄されると、無意味な後悔、過度な期待・欲求、執着、妬み、羨望、比較、嫉妬、偏見、不信感、慢心、怒り、絶望…など様々な「思い」が湧き上がり本来の己の姿を見失ってしまい心身の平衡が崩れて不幸な結果に陥ってしまいます。

呼吸を意識し、マインドフルネス状態に入ることで「今を生きる自分」を取り戻し、すべては自分の内にあることを悟ると、様々なマイナス感情から解き放たれて、何事にもとらわれることなく全てにおいて寛容な心が生まれ、ひいては自分のみならずとりまく環境や周囲をも幸福に導くことができます。

* * * * * * * * * * * * * * 

自分の場合、「○○でなければならない。○○であるべきだ」などの自分本位の利己的で偏った思考になる場合が多く、思い通りにいかない時などはその自分の「思考・感情」がストレスとなっていました。

しかしマインドフルネス瞑想で自分の声を聴くことによって、信念や価値観などにいつまでも引きずられることが少なくなってきました。

決して信条や理念を失い自堕落に快楽主義で生きるというということではありません。
自分の思いに無理にこだわらないということが大切で、解放されることで今の瞬間を生きることに集中できるということです。

瞑想はこれでいいという終着点はなく、日常の生活と同じように人生の終わりまで続けていくものです。
日々、心と体の声に耳を傾ける時間をもうけることで、全体的な癒しが得られ幸福を手に入れることができます。

まだ瞑想は始めたばかりですが、今後さらに深めていくことによって自分の人生の一部でもあるリフレクソロジー施術にもプラスになるであろうと考えています。

瞑想は実践してみないと言葉での説明がなかなか難しいのですが、今後さらに研鑽を積み重ねることにより、またなにかの気づきがあれば紹介していこうと思っています。

« ◆お知らせ (7/29追記) | トップページ | わたしのなかのすてきなわたし »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

マインドフルネス」カテゴリの記事

コメント

見事に注意点の1〜7の全てができていない事に唖然とすると共に、逆に言えば自分の今の状況というか思考癖や認知の歪みを修正するには、最適な手法じゃないかなと思いました。

もう、一言ひとことが本当におっしゃる通り。
こんなに辛いのを押して頑張ってるのに、嫁は何も理解してくれないとか、いつも見返りというか不満ばかりにしか眼が行ってないで、もっと大事な、今やること(子どもと遊んだり、高齢者と雑談したり)まで、この1ヶ月は全くできなくなっていました。

瞑想、たったの5分ですが、今まで数回やってみました。少なくとも安定剤よりは効果があるのは確認しました。続けたらもっと効果が上がるのかな。

ちょっと真面目に取り組んでみようと思います。オススメの入門用書籍はありますか?(超無気力なので、なるべく読みやすいのが良いな)

僕が読んだ本はこれ一冊です。
「マインドフルネスストレス低減法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4762825840
書いてあることは単純で簡単で誰でも読んで理解できるでしょう、まぁさんなら100%理解できるはずです。

ただ、頭での理解はできるんですが、実践ってのが単独ではなかなか難しいかもしれませんねえ。
誰かにお尻を叩いてもらうというか、間違った方向や足踏みしてないか正しいほうに導いていただかないと困難かもしれません。

呼吸や体のことなどを先に書いたのもそれがあるからです。 頭を使うことなどほとんどなく、体と呼吸さえ「ちゃんと」できれば、あとは湧き上がる「想い」を消していくだけなんです。

座禅はできるだけ朝晩に30~40分くらい座っていますが、なんとなく変わってきたなという実感がでてきましたよ。
でもいろんな日があって、うまく集中できないまま逆にイライラして不完全燃焼で終わってしまう。なんてこともありますが、とにかくバカみたいに続けているとおのずと結果は出てくるみたいです。

頑張るのは他のことを放っておいても「ただ座る」ための時間を確保することくらいですかねぇ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マインドフルネス 4:

« ◆お知らせ (7/29追記) | トップページ | わたしのなかのすてきなわたし »