« 認知症とリフレクソロジー 3 | トップページ | もう12月! »

2013.09.25

認知症とリフレクソロジー 4

REFLE認知症セミナー
第二部では東京のMチーフインストラクターによる実際に認知症患者に対してリフレクソロジーをおこなった研究結果やリフレクソロジー施術をおこなううえでの注意点などの講義。

Mチーフは脳神経外科のK医師の協力のもと、リフレクソロジーが認知症患者に与える効能などの施術結果の研究をされています。

K医師が研究協力されるに至った経緯は、これまで様々な療法や足裏関連の施術を受けてこられたようですが、REFLEのリフレクソロジーには何か特別なものを直感で感じられたらしく、もしかすると何か効果があるのではないかと今回の認知症患者に対する施術の研究が開始されたようです。

脳活動トポグラフィ(NAT)により、神経細胞の活動状況を「施術前・施術後」に測定しその前後差分を記録しておられます。

130925_004a

その結果を見てK医師の見解として、「一次運動野や体性感覚野など側頭部の感覚野を中心に変化の傾向がある」という。
またK医師は右脳と左脳との違いについても話しておられ、認知症だけでなくうつ病などの脳が関係する疾患にも有効ではないかと考えておられるよう。

これは僕自身の施術経験ですが、脳の反射区で特に左右差について以前から気になっていました。
計算や判断などが得意な真面目な左脳と、柔軟で芸術性など自由な感覚をもつ右脳。このバランスが崩れることが脳に関わらず様々な病の要因の一つであるのではと考えているからです。

認知症やうつなど脳神経に関わる病気以外に、循環器系だと脳卒中や、糖尿病など内分泌に関わる疾患、膠原病などの自己免疫疾患などでもストレスから自律神経のバランスが崩れるなど脳の活動状況に関わる疾患の影響が多岐にわたって関連性を持っています。

リフレクソロジーは抗進しているものを抑制し、減退しているものを活性化させて全体のバランスを整える効果が知られています。

NAT画像でわかるように活動の大きい赤色部分が抑えられて逆に活動の少ない黄色や緑色の部分が赤色に変化して活性化しているように見られます。

今はまだ開始されたばかりですが、この研究がさらに進むことにより施術による効果が科学的に確認されれば、リフレクソロジーが様々な疾患に対して有効に作用し、予防や症状の進行を遅らせるツールの一つとなるのでは。 という新たな希望が持てると感じられました。

認知症とリフレクソロジー 1

認知症とリフレクソロジー 2

認知症とリフレクソロジー 3

奇跡の脳 1

奇跡の脳 2

奇跡の脳 3

« 認知症とリフレクソロジー 3 | トップページ | もう12月! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

リフレクソロジー」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症とリフレクソロジー 4:

« 認知症とリフレクソロジー 3 | トップページ | もう12月! »