« 厳冬 | トップページ | 足についての本当 1 »

2014.03.31

草原を歩く

気がつけばもう春。
桜も先週後半の開花から一気に満開へと近づいています。

今朝はちょっと早めに店に行き、ブラっと平城宮跡へ。
店からだいたい10分程度で東端に着き、一周40分程度かけてのんびりとウォーキング。
あちこちで草花が芽吹いて鳥たちの声とともに春の訪れを感じさせてくれます。

140331_008

ウォーキングですが、多くの方は家の近所の舗装路を歩いておられると思いますが、硬い地面というのは思いのほか「足」や「脚」に負担をかけてしまいます。
これが走るとなれば体重の約3倍もの荷重が人の小さな足にかかり、それが何千回も繰り返されると足の故障の原因ともなります。
北京五輪で途中棄権されたマラソンの土佐礼子選手も酷い外反母趾となっていたようです。
くれぐれも無理せぬよう、そしてシューズ選びにも注意しましょう

そして…

人の足(足首から先)は多くの小さな骨で構成されておりそれら一つ一つが歩行の動きと連動し、また骨格と筋肉・靭帯で形作られた足裏の縦横のアーチ使って、それら全てがうまく連動して地面からのショックを吸収する仕組みになっています。

現代人は裸足で歩くということはほとんどおこなっておらず、平坦で硬い舗装路を靴を履いて歩くことがほとんどですが、本来の自然そのままであれば舗装路のような地面は存在していません。
大小の起伏とともに硬さの異なった土やゴロゴロと石の転がっている地面であったりと変化にとんでいます。
足はそれらの不安定な地面で転倒しないようしっかりと支え、また足から上の膝や骨盤、脊椎などと連携して歩行をすすめ、またその不安定さが前進の骨格や筋肉の全てを平均して動かし、全身運動ともなっています。

しかし現代ではどうでしょうか。

硬く平坦で変化のない地面の上でで足の動きを妨げる形成された靴を履いて歩行をおこなっています。
早くスムーズに歩けるのは確かに舗装路で、この硬い地面をまさか靴を履かず裸足で歩くわけにもいかないのですが、足や全身の運動という視点で考えた場合、やはりあまり長時間の歩行をすることはおすすめできません。
外反母趾やハンマートゥ、足の内転や外転、O脚なども地面と靴、歩行が原因となっている場合が多くあります。
腰痛や脊椎の問題などもやはり歩行と密接な関係にあるようです。

これからの季節、外に出てウォーキングなどをされる方も多くおられると思いますが、もう一度「歩行」というものについて考えていただきたいと思います。
できることならば郊外に行き、自然の中の散策路などを歩かれるのがよいでしょう。時間のない方は近所の公園などでもよいと思います。
そしてできるだけ草むらなどの不整地を選んで歩いてみてください。

土であってもグラウンドのような平坦で踏み固められた地面ではなく、芝生や草むらのようなちょっと歩きにくい地面のほうがよいでしょう。
植物の根がほどよく地面を柔らかくして衝撃を緩和して体への負担をやわらげてくれています。

そして日常で歩いている舗装路との違いを比べてみてください。

デコボコがあったりで舗装路のように足を引きずって歩く様な歩行はできず、自然に足をしっかりと上げて歩くようになるでしょう。
さらに、転倒しないよう舗装路では必要としないような全身の筋肉を使って体が自然とバランスをとっているはずです。
膝や骨盤、背骨の動き、腕の振りなども舗装路と歩くときと比べてみてください。普段ではおこなわない「全身を駆使して歩く」という作業をおこなっているはずです。
安全であれば靴を脱いで裸足で歩くのがよいでしょう。

おそらく普段そういった場所を歩いていない方は翌日に筋肉痛になるかもしれません、これは日頃からいかに本来歩くための筋肉を使っていないかだと思います。
できれば定期的に不整地歩行することをおすすめします。
膝痛や腰痛、首・肩こりなどの体のあらゆる箇所の不調が、もしかすると「歩行」という想像もしなかったところに原因があるかもしれません。

人が進化し、不安定な二足歩行を選んでから何百万年もの間、足はそれに合わせて進化してきました。
ゴリラやチンパンジーに足のアーチは存在しません、人は足の機能をうまく活用することで本来の健康な体を維持するようになっています。
足が本来の動きを取り戻すことで全身の機能も回復し、血液やリンパなど滞っていたあらゆる流れが活発になって、全ての細胞がうまく動き出すことでしょう。
これは精神にも大きな影響を与えてストレスからの解放にもつながって多くの現代病の予防にもつながります。

奈良市街に住む自分は、家からも10分ほど歩けば奈良公園の広大な芝の地面と春日原始林があり、店の近くにも平城宮跡があって、草むらを歩くには本当に良い環境にあることは有難いことです。

何より気分爽快!

そしてここはほんとに空が広い!

140331_002_2

140331_005_2

140331_006

« 厳冬 | トップページ | 足についての本当 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康・医療関連」カテゴリの記事

コメント

そうか。。。もう桜の季節なんだね。
おいらは今日の当直明け、
玄関の半溶け氷を、つるはしで割ってました。

庭の桜を掘り出そうかと思ったけど、
まだ1mほどの雪に埋まってたので、
諦めて昼寝してたw

いまの生活、車まで20歩
仕事中に3Fまでの階段と巡回2回で400歩
1日1000歩を超えてないですよねぇ。
電車通勤にむけて、少しずつ散歩開始するかな。
まずは足の体力作りからはじめるかなと。
時間はたくさんあるんで(8月末で合意)

まぁさん

4月のこの時期、北海道はまだ冬だもんねぇ。

最近この歳になってやっと、呼吸することや歩くことなど生まれてから死ぬまで一生続ける基本的なことがちゃんと出来てなかったことに気づいてきました。
まだまだ出来ていないことだらけなんだろうけどねえ。

いよいよ新しいステージに行かれるんですね、
通勤大変でしょうが何か楽しみを見つけてください!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草原を歩く:

« 厳冬 | トップページ | 足についての本当 1 »