« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014.11.28

待降節

次の日曜日11/30から「待降節」にはいります。
キリスト誕生を祝うクリスマス12/25から数えて4つ前の日曜日が待降節第1主日となり、少しフライングですがクリスマスリースを飾りました。

昨年まで使用していたリースは何度も落下させボロボロになっていたので今年は新しいものに。
「シックな感じに」と思っていましたが、ネット購入したので届いてみると実物は写真で見るよりも金粉でキラキラしてて意外と派手な感じになっちゃいました。。。

坐禅の次の記事がクリスマスリースとは節操がない気もしますが、寺で坐禅しようとも宗教とは結びつけていないのが自分の信条でありまして、あくまで純粋に心の修行ととらえています。

寺で坐禅しようがあくまでも宗教はキリスト教のカトリック信徒なので、ちゃんとクリスマスはお祝いしますよ。

141128_003

2014.11.25

坐禅三昧

秋も深まり紅葉も見頃の時期となってきました。

11月23、24日、マインドフルネスの仲間たちと西宮にある臨済宗の専門僧堂での坐禅合宿に一泊二日で参加してきました。

よく勘違いされるのが坐禅=仏教という認識ですが、坐禅は心と体を健全に保つための方法であり、決して宗教色が強いものではありません。

坐禅での瞑想は様々なストレスをうまく受け流し、巷に溢れる多くの情報や頭に浮かぶ思い(マインドトーク)に振り回されない強い自己を作ることができます。
また日常生活が便利になり過ぎた結果、自分の体に対して鈍感になっている現代人にとっては体の声を聴くための方法でもあります。
坐禅は心と体にしっかりと目を向けて健康な心身を健康に保つために古くから伝えられてきたよりよく生きる智慧ともいうべきものです。

141124_002a

続きを読む "坐禅三昧" »

2014.11.19

Marly Natural

ボブ・マーリーの家族とプライベティア・ホールディングスが世界初の世界的カナビス・ブランド「マーリー・ナチュラル」を発表

2015年後半から規制上許可される特定の法域で、マーリー・ナチュラルはボブ・マーリーの愛用品に着想を得た高品質のジャマイカ産カナビス種の提供を始めます。

Marly Natural

レゲエ界のレジェンドであるジャマイカ出身の「ボブ・マーリー」は生前カナビス(大麻・マリファナ)を「ハーブ」として愛飲しており、今でも多くの映像に彼がハーブを吸引している姿が残されています。

ボブ・マーリーは音楽を通じて平和、団結、社会正義、個人の自由を訴えてきました。そしてこのハーブにより内なる平和がもたらされ、創造性が高まったと語っていました。「このハーブを吸うと、あなた自身のことがよく分かる」とも話しています。
また「ハーブは幸福を呼び覚まし、内省を深め、私たちを自然に導き、創造性を解放する力を持つ精神的なもので、生活の自然で肯定的な一部であるとボブは考えていました」とボブ・マーリーの妻や娘たちが語ってします。

Photo

続きを読む "Marly Natural" »

2014.11.11

おはよう日本

NHKおはよう日本でマインドフルネスの特集が組まれました。

Screenshot_20141111101958

「NHKニュース おはよう日本」

放送時間が短かかったので、なかなか伝えきれない感もありましたが、どういう目的でどのようにおこなうものかのイメージは伝わったのではないかと思います。

でもマインドフルネスはまだまだこれから様々な領域でのニーズにあわせて形態を変えていくように思われます。

・リフレクソロジーとはどう関係があるのか?

身体の様々な不調に心の問題が大きく関与していることがリフレクソロジーに携わってきてまず感じることです。
来店されるクライアントさんたちは施術を受けた直後はバランスを取り戻しても、同じようにストレスフルな生活週間を続けていると、また身体の不調がぶり返してしまいます。
身体のケアと同様に心のケアも心身を健康に保つためには必要不可欠なことです。

マインドフルネスの「今の瞬間を常に意識して過去や未来に囚われない」、「物事をありのままに受け止め評価をしない」ことなどはうまくストレスを受け流して健康な人生を送るためにとても有用なアイテムとなります。
なのでマインドフルネスをリフレクソロジーとともにセルフケアの一つとして伝えていければより施術効果が高まると考えています。
そして施術をおこなう側のセラピストたちにとっても心と体の安定もたらし、ひいてはクライアントさんに対して良いエネルギーを送る結果になると自らの実践で実感しています。

マインドフルネスは全く新しいものではなく、長年にわたり日本人が心身の鍛錬のためにおこなってきた「禅」から生み出されたものです。
多くの情報に溢れ、様々な事柄が急激に変化する現代、少し立ち止まり、自己を観ることが必要なのだと思います。

駅看板

新大宮駅構内のベンチに看板を設置しました。

141110_001a

これまで宣伝らしきものはほとんどしていなかったのですが、なんとなく看板の一つくらいはいいかなと。
駅のホームの看板って医院とかのものが多く、リフレクソロジーはちょっと珍しいかもしれません。
ま、壁付けの看板に比べると小さく、ベンチに人が座っちゃうと見えないという欠点もあるんですけどね。(笑)

上のバレエ教室の看板を見たついでに目に入り、興味を持っていただければと思っています。

141110_004b

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »