« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015.01.20

論語

この歳になっていまさら...なのですが、ずっと以前から思っていた『論語』を読んでみることに。

解りやすい入門書で、貝塚茂樹先生の註釈付きのわりと硬派な本と、齋藤孝先生の現代語訳の少し柔らかい本とを購入。

『論語』は2500年前の古代中国で孔子とその弟子たちによる「物の考え方」を示した言葉をまとめた本。
人類の書籍としてはキリスト教の「聖書」イスラム教の「コーラン」に次いで多くの人に読み継がれている本です。
日本へは1500年前に伝わり、日本人の精神的支柱として重用され、つい150年前までの江戸期では幼少の頃から武家の嗜みとして教えられていた512の短文で構成された本です。

  「四十にして惑わず、五十にして天命を知る...」

かどうかはわかりませんが、なんとか自分なりに理解して読み下したい。
というのが今年の目標です。(^^;

150114_001

2015.01.05

徹宵坐禅会

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

強風の吹き荒れる嵐となった大晦日の晩から元旦の朝方にかけて、曹洞宗 三松禅寺において「徹宵坐禅会」に参加させていただきました。

150101_001a

12月31日の晩10時に始まり、年を越して1月1日の早朝3時頃まで40~50分間の坐禅を5回おこなうというものです。
途中で年越しそばを頂いたり、除夜の鐘をつかせていただいたり、坐禅終了後は本堂での読経のあと、お屠蘇をいただきながらご住職の永平寺修業時代の話をうかがったりと、坐禅堂の荘厳で静寂な空気のなか、エキサイティングでファンタスティックな年越しを体験することができました。

150101_002

150101_005

これだけぶっ続けに坐禅三昧の時間を過ごしたことは初めてのことでしたが案外とこなせるものです。
さすがに最後の5回目となる坐禅は眠気と寒さと足の痛みでキツかったのですが、終わってみるとやり遂げた達成感や清々しさは格別のものです。

年越しを「いま・ここ」のマインドフルネスで過ごせたことは新年の始まりとして本当に素晴らしい経験であったと感じています。

しかし、
アルコール抜きで年越しをするのは、おそらく人生初の経験だと思います。(笑)
(もちろん成人してからね)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »