« 第4回 eBIM研究会 | トップページ | 秋の別れ »

2015.09.29

観月会

先日、9月27日は中秋の名月でした。

昨年も参加しましたが、三松禅寺の観月会に参加させていたきました。

150927_010

禅堂での坐禅をおこなった後、お琴の音を聴きながら茶席にてお抹茶をいただきました。

150927_001a

150927_003a

茶席での掛軸は、永平寺 第78代貫首 宮崎奕保禅師の書。

150927_004a

『佛心如満月』
(佛心は満月の如し)
佛心とは満月のように澄みきった心であるよ。という意味のようです。

今日は本当に佛心のごとく澄みきった素晴らしい満月で、久々の禅堂での坐禅とともに心が洗われる気持ちとなりました。

感謝

150927_006

« 第4回 eBIM研究会 | トップページ | 秋の別れ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こういうイベントに、簡単に?参加できちゃうのが、さすがは古都奈良ならではですねぇ。
ソウルさん、茶道の作法も会得済みだったんですね。

茶道といえば、いまなぜか唐突に、飛騨春慶の弁当箱が欲しくなって、昨夜の当直で検索しまくってたのですが、茶器って漆器が多いんだね。
柄杓みたいなやつとか、抹茶をすくう匙まであった。

12000円の飛騨春慶の、素敵な塗りの弁当箱、
いま買っちゃうか、ふるさと納税の返礼品に出るのを待つか、しばらく悩む予定ですw

>まぁさん

飛騨春慶の弁当箱とはまた渋いですね。
でも中身が冷凍物だとそぐわない感じでお弁当を作る人は大変ですよ(笑)

いやいや、茶道の心得なんぞ全くありませんよ、
このお寺は合氣道の本部道場にもなっていて禅堂でいつも稽古させていただいてるんです。
昨年たまたま参加させていただいたので今回で二回目です。
茶席に出るのもそれ以来ですから。。。

しかし心が和むというかやはりいいものですね。
仲秋の名月も素晴らしかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/62375559

この記事へのトラックバック一覧です: 観月会:

« 第4回 eBIM研究会 | トップページ | 秋の別れ »