« 第5回 eBIM研究会 | トップページ | 露 堂々 »

2016.09.16

仏心如満月

今年も仲秋の名月に三松禪寺でおこなわれた「観月会」にお邪魔してまいりました。
坐禅を1時間ほどしたあとに、琴の音色を聴きながらお抹茶をいただきます。
大勢のお客様がお越しで、一度に全員は座ることができず、何度かに分かれて頂きました。

掛け軸は昨年と同じく「仏心如満月」

これには上の句があるらしく、
「凡夫の心は合蓮華の如く、仏心は満月の如し」
で、一つの意味となる。

『迷い苦しむ人の心を、蕾(つぼみ)のふくらみをもった蓮の花に例え、蕾はやがてまばゆい花を開かせる。人の心は日々の生活で汚されるが、本来、人の心は清浄で、仏性を開顕される可能性を備えているのです。
そうした未完成な私達の心に対し、仏心は欠ける事ない満月 のようである』

雨の心配もありましたが、なんとか雲間から綺麗な満月を拝むことができ、仏心とまではいきませんが、心が少しまぁるくなったかも。(*^.^*)

2015年観月会

160915_001

160915_002

160915_006

« 第5回 eBIM研究会 | トップページ | 露 堂々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506901/64210753

この記事へのトラックバック一覧です: 仏心如満月:

« 第5回 eBIM研究会 | トップページ | 露 堂々 »